読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。イベント以外の事はほぼ書かないです。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

MOB幕張レポ(2日目)②

ーふつすと終了後ー
「僕がいなくても大丈夫だよね?僕がステージから居なくなって、小野くんひとりになっても平気だよねー!?……あ!いっけなーい。水に餌あげてくる!」と神谷さんはわざとらしくステージから捌ける。


水に餌…??言い間違い?

ステージで一人きりになった小野くんは1人で場を持たせる為に一発ギャグ連発でしたwwライビュのカメラに向かってサービス満点でした…!ライビュ側から会場が見えるように位置変えたりとひとりがんばって立ち回ってました。

ギャグが一通り済んだところで、天の声が響き渡る。椅子に座った状態でぐるぐるに紐に縛られた神谷さんがステージ下から登場。「わー小野くん助けてくれー」と見事なまでのやる気のない棒読み加減で笑ったww

この時間は小野大輔生誕祭の再来でした。ミスターXにクロロホルムを嗅がされて捕まってしまった神谷浩史(棒読み)
紐を解除する為には小野くんの好みのスリーサイズを暴露しなきゃいけないとならない。「小野くん恥ずかしがらず言うんだー(棒読み)」
「85 、59 、83!」
「合ってないようだ!ちなみに俺は87.59.91だ!」と神谷さんも自ら暴露。ちなみに北野のぞみさんのスリーサイズらしい。

へぇー、へぇー、へぇー。浩史おじさん、この子がタイプなんだね……。へぇー。へぇー…。

二回目に「105、55、103」と言う小野くん。日本人にはまずいない体型だわ。不二子ちゃんかよ。

〈アンコールマン〉
11日と同じく、アンコールマン(内田社長)が登場!「イェーガーお願いします!」と始まり、「ふぇふぇそふぇんそん!ふぇふぇそふぇんそん!」と緑の覆面姿で、紅蓮の弓矢を熱唱!会場の盛り上がり方凄かった!!


………
アンコールが終わって、もう終了だとみんなが思ったであろう。再びアンコールが始まり、驚きと疑問符が頭を巡る。
なんと、Wアンコールマン(神谷さんと小野くん)が登場!どれ歌う?って2人でカラオケ機材を持って相談し始めて、…まじかよマジでこの2人で歌うのかよ…とどよめく会場。
これ(喉が)死んじゃうから!と話し合うWアンコールマン2人は、「あ!ダブル(神谷さん)これ好きでしょ?」「これ好きー!(超嬉しそうな声&満面の笑み)」と曲選択完了。

ななな、なんなの!なんなのおじさん達可愛すぎでしょ!!これ好きでしょ?好きー!って会話可愛すぎた萌え死んだ……ご馳走さまです。

ふたりで「FLYING THE SKY」を熱唱。レスリングごっこしながら歌い上げてました!ww可愛すぎるぞおじさん達!!ごっこ遊びして組んでた指をパッと外して「しゃーいんふぃんがー!!」と飛んでいくおじさん達……尊い……。
アンコールでちょっと泣きかけてたのにWアンコールマンで吹っ飛ばされたよね。最高だよDGS。大好きだよDGS。これだからDGはやめられない。
「じゃ、俺たちは羽田発アンコール星行きの電車に間に合わなくなるからもう行くわー!絶対アンコールすんなよ!」とフリとしか思えない言葉を残してWアンコールマンは捌け、「ええええええ!?」と大音量で驚愕の叫びをあげる客席。明るくなる会場。即座に流れる帰りのアナウンス。

マジかよ。こんな終わり方アリなのかよー!と笑いながら終わるイベントははじめてだわ。流石だよ。

本当に二日間、最高に楽しかったです。素敵な時間をありがとう!DGSMKI!!(DGSマジ感謝今!)


※レポあげるのちょっと遅くなったけど自己満足だから気にしない気にしなーい。ちなみに数日前にDGSにも感想メール送りました。