読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

乙女CDが聴きたい

ここ2カ月位で、突然シュチュCDを聞きたい欲求が高まってしまいました。今まで乙女系のCDとか地雷だと思っていたのですが、単にストライクゾーンが狭いだけなんだとようやく気付きました。

お気に入り度(☆5つが最大)とメモを残します。これを見て何か心当たりがあれば、どうかおすすめ教えてください。

【お気に入り度☆☆☆☆☆】

『東浦家の休日 兄弟編』

休日をちょっと横暴な社会人の兄(櫻井孝宏)と素直で元気いっぱいな弟(江口拓也)と過ごすCD。理想の日常。何度も聴いちゃうくらいめちゃくちゃ良い。ほのぼのして癒されます。 プリンコール可愛い。全編好きなんだけど、特に兄と過ごす夜が好き。おやすみ前に気軽に聴ける。実の兄弟相手なので恋愛ドキドキもエロ要素も無し。

【お気に入り度☆☆☆☆☆】

『アロマな彼氏 ローズウッド』

穏やかな物腰の年上彼氏(櫻井孝宏)と学生の主人公という設定。お花屋さんとして働くだけあって、バラの本数による花言葉の変化を教えてくれたりと会話がロマンチック。そんなに甘い台詞はないんですけど、甘い気持ちになれる。主人公が不憫ですごく応援したくなる。彼女と手を繋ぐのを提案してくる場面がすき。付き合いたての初々しさが良い。

【お気に入り度☆☆☆☆☆】

『ベストプレイス 03 乾真美』

手違いで主人公が男子学生とシェアハウスしてしまうシリーズ。軽薄そうな男の子(櫻井孝宏)だけど心根は優しいし、嫉妬したりと可愛いところもあって、とっても良い子です。なよなよして頼りない駄目男に癒されます。キャラ口調はおそ松兄さんに近い。

【お気に入り度☆☆☆☆☆】

『週刊添い寝CD vol8,涼』

大人しく気弱な年下彼氏(岡本信彦)が添い寝してくれるCD。主人公を甘やかそうと頑張る年下の彼が可愛い。添い寝CDというか、仕事で疲れたり失敗した女子向けCD。一生懸命に励ましてくれるのとか、世話を焼いてくれようと頑張るのとか、絵本の思い出し語りとか、笑い声とか全てが超絶に癒される。おやすみ前に聞くのにぴったり。BGMも控えめでのぶくんの声を邪魔しないし、聴きやすい台本で素晴らしい。

【お気に入り度☆☆☆☆☆】

『週刊添い寝CD vol,11透真』

出版社の営業部の年下彼氏(福山潤)が添い寝してくれるCD。主人公をアンタ呼びする気軽さと気取らない口調で聴きやすい。声に感情が露わで、とても萌える。このCDには本当にキュンキュンさせられた。このじゅんじゅんの演技大好きだわ。設定とシナリオもとてもいい。何度でも聞きたくなる甘さ。

【お気に入り度☆☆☆☆☆】

『羊でおやすみシリーズ 僕らの声で…』

年上系(石田彰)と年下系(保志総一朗)による有名な羊シリーズ。寝れない夜はこのCDの出番です。癒されます。石田さんの「どう…?眠くなった?まだ…?仕方ない子だね…」が本当に大好きなんです。声が甘い甘い。

-----------------

【お気に入り度☆☆☆☆】

『 愛してあげるニャ!』

石田彰さんが主人公(猫)を猫可愛がりするCD。甘い口調で愛猫に構いたがる石田さんを覗き見している気分に浸れる。聴いているこちらが恥ずかしくなるくらい猫ちゃんを全力で甘やかし過ぎ。おまけは石田さんの演技力を使ったネタトラック。

-----------------

【お気に入り度☆☆】

『アロマな彼氏 イランイラン 2』

穏やかな性格の研修医の年上彼氏(小西克幸)との恋愛でした。主人公は指導医の娘さん。2人での映画鑑賞はキュンキュンした。職場で見せつけるように抱き合うのは駄目。医療現場で香水も駄目。主人公が合コンに行ったのには失望した。あのトラックは浮気女と彼氏の修羅場を見てるみたいで無理だった。

【お気に入り度☆☆】

『週刊添い寝CD vol,5 玲央』

強引で傍若無人なモデルの彼氏(吉野裕行)が添い寝してくれるCD。俺様系で口悪い。独白シーンは良かったけど、子供っぽい俺様系が私には合わなかった。

【お気に入り度☆☆】

『東浦家の休日 未来の夫と兄編』

主人公の彼氏(小野友樹)と彼氏の兄(木村良平)と過ごす一日。彼氏による若干エロ台詞あるものの、健全の類い。真面目お馬鹿な彼氏と軽快な喋りの兄でした。苦手ではないけど刺さらなかった。

-----------------

【お気に入り度☆】

『助手席彼氏 3』

主人公に片想いしているサークルの後輩(岡本信彦)とドライブデートするCD。やかましい。いちいちタイトルコールが入り、それが鬱陶しい。フリートークでののぶくんトークが可愛い。

【お気に入り度☆】

『吐息シリーズ 執事義弟編』

Sな執事(石田彰)と病んデレな義弟保志総一郎)に花嫁修業させられるCD。主人公を応援したいと思えない。趣向に合わなかった。好きな声優の組み合わせなだけに残念。

【お気に入り度☆】

『Mペットくん』

捨てられていた男の子(神谷浩史)を主人公が拾って好かれるCD。気弱だけど尽くし屋さんな男の子でした。主人公にやたら精神依存しまくりなところがちょっと無理。主人公像も好きになれなかった。

【お気に入り度☆】

『あやかしごはん もぐもぐCDシリーズvol.5 蘇芳君とシフォンケーキもぐもぐCD』

猫又(杉山紀彰)とお菓子作るCD。杉山さんの猫又は可愛かったけど、マイペースなキャラとの共同作業CD自体があまり好みに合わなかった。

【お気に入り度☆】

『かれピロ 年下彼氏とおうちデート編』大好きな彼とHして腕枕でピロートークされちゃうシリーズ。このシリーズ気になっていたのと斧爆弾さんに惹かれてチョイス。運動部の後輩というキャラが私の中で消化不良を起こしました。

【お気に入り度☆】

『オトナ限定 お咎めCD Ⅰ』

17歳高校生、ツンデレで元気な弟系(岡本信彦)と32歳モデル、大人の色香漂う年上系(緑川光)が心配してくれたりお世話焼いてくれたり。緑川さんは安定して美声だけど、お色気たっぷりボイスで逆に癒されない。彼らと主人公がどんな関係性なのかわからず戸惑った。弟系の方はやかましい。

【お気に入り度☆】

『ベストプレイス02 橘りょう』

手違いで主人公が男子学生とシェアハウスしてしまうシリーズ。世間知らずのお坊ちゃん年下系(岡本信彦)。やかましい。主人公を好きになれながった。

【お気に入り度☆】

『アロマな彼氏 スイートオレンジ』

同じ美術部の後輩くん(近藤隆)とデッサン大好き少女な主人公という設定。やかましい。主人公と接点を持とうと必死な片想いな男の子のキャラ像が好きになれなかった。やかましい。