読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。イベント以外の事はほぼ書かないです。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

あの騒動について

あの騒動について

 

書かないでおこうと思っていたのですが、気持ちが少し変わったので書き残しておきます。自分の考えをまとめておきます。野次馬は飽きて、周りも冷静になってきているようですし、何を書いてもいいかなって。

神谷さんへのショックは特に無かったのですが、閲覧された方に面倒な人がいたら面倒な事になるかもしれないなと思い、それが嫌なのでブログはあげませんでした。騒動直後に書いた人、凄いなと思いますもん。あと、落ち着いてきたところで話題を掘り返すようでごめんなさい。「あ、面倒だな」と思ったらこの記事は消します。普段のイベント記録とは違って、私にとって楽しい話ではないので。

 

騒ぎを把握した時は、神谷さんへ同情を抱く程度でそれ以外の感想もなかったというのが正直なところです。

私の中で、本人が肯定するまではこの手の話はぼんやりと聞き流すのが一番だという結論は既に出ていました。何故かと言うと、疲れるから。

 

最悪のパターンで知れ渡った割に、思っていたよりは、最悪の状態じゃないなと呑気に考えていました。ファンの量と最近の声優ファンという性質を考えたら、もっと攻撃してくる人がいると思っていました。宮野さん騒動並みかそれ以上に叩かれるだろうと思っていました。表面化していない層がいるので、この断定は安易かもしれないですが。

 

今回の件も疲れちゃうので、気にしないようにはしていたはずなのですが、結局気になってしまったんですよね。学習能力無い低能だなあと我ながら思います。その結果が、疲れから来る体調不良なのだからつくづく恰好悪い。

 

こんな形ではあるけれど、「仲のいい家庭をもってほしい」願望が叶っていたことに安堵した私がいました。本人が公表するのは考えられなかったので、知らされる事はないままなのだろうなと思っていました。この最悪のパターンじゃなきゃ、察する事は出来ても、知れないままでした。騒ぎが小さければ青二も対応しなかったですし、本人も言及しなかったでしょう。本人はスル―すると思っていましたもん。

 

知らない方がよかったという人が多くいる中、私は逆の感情をもっていました。

どんな私よりも、ストーカー気質の私の方が強かったようです。こういう悪いファンがいるからねー、需要っておきちゃうんだなあと……。雑誌を買ってなくても、検索して記事を見ていたのは同じ事です。その内容について検索できる特定のワードでツイートするのも、リツイートするもの同じです。これだけの需要があると今回の事で知られてしまいました。神谷さんには申し訳ないとは思っている。隠しておきたかった事を騒いで掘り出してごめんなさい、と。話題にもしないで無視出来たら、どんなに良いファンでいられたんだろう。優しいファンでいられたんだろう。

まあ、不純な私には無理です。もう既に起きてしまった事を悔いても仕方ないので、次似たような事があれば大人の対応を頑張ります。この悔いに対する反省は終了です。

 

本音を言えば、惚気話は聴きたいし、子煩悩な姿は見たい。見込めないですが、聞きたかったなと。私の価値観による幸せの形が「仲のいい家庭」を持つ事だから、自分の好きな人には、その幸せの形に当て嵌まって欲しくて仕方なかったんですよね。うわー、我ながらすごいエゴだなあ。そして、「家庭」ではなくて、「仲のいい家庭」を妄想で押し付けているのも、すごいエゴ。

 

もし、夫婦仲が不仲になったら絶対に凹むし自分の事のようにとても悲しんじゃうから、私の精神衛生上何も知らない方がいいやつですね。知りたいけど、知りたくない。

例え話ですけど、にゃーさんが危篤になったとして知りたいか。好きな人の大好きな愛猫の事だから知りたいに決まっているんですが、マイナスの事が起きたら多分あまり知りたくないんですよ。何故なら、笑顔で頑張っている神谷さんを単純に見ることが出来なくなる。自分勝手に同情とか心配とか、余計な感情が大きく湧いてしまうから。神谷さんにとっては不本意極まりないですよね。でも、知りたい気持ちもある。自分にとって、嫌ではない事だけ知りたいんでしょうね。勝手ですね。

 

プライベート知りたがりな不純なファンでごめんなさいね。騒動から2日間くらいは清くて正しいファンでありたいと苦しんだよ。でも、結局はこのおせっかい野次馬な私が現状の私なのだもの。正確に言うと、自覚してから「不純なファン」である事実に苦しんだ期間は1日くらいだけど。

 

自分を語りたがらない彼から、時々知れる、何を買っただの、何が好きだの、昔はどんな子だっただの、若い時の話だの、親の話だの、ちょっとした価値観の話、部屋の話、服の話、体重の変動、好きな髪形、好みの女の人、先輩後輩との日常話、…そういう、神谷さんが好きじゃなかったらどうでもいいような話が好きなんです。ほんと、ストーカーかよ。

 

本人からのコメントは無いと思っていました。何故なら、彼は私事を公共の場に持ち込まないと思っていたから。騒ぎが再燃する可能性を孕んでいるし、過敏になっている人の耳に届くコメントなので、内容によっては事態が悪化するから。青二の対応でもうお察しできますしね。本人スル―はベストではないけれど、ベターな対応ではあるのかなと思っていました。

 

実際は撮り直しでDGS冒頭でのコメントでした。場も、コメントのタイミングも適切だったと思います。私は単純に「すげーよく出来たコメントだな。さすがだ。」と感心しました。あと、DGSを場に使ってくれたのが嬉しかったですね。小野くんが居てくれて、ホッとしましたし。

スル―よりはずっとベストに近いものを出してくれたと思いました。何がベストであるかを頭の弱い私なりに模索して想像巡らせていたよりも、ずっといい対応でした。あの対応は惚れるわ。意思を伝えつつ、分かりやすいように、傷つかないように、不愉快にさせないように言葉を選んでさ。声色を含めて、すげーよく出来たコメントだった。DGSでコメントしたと聞いた時は、神谷さんらしくない事をしたものだなと思ったけど、あの対応があって更に好きになった。

 

おしゃ5でも、ほんのりですが触れてくれましたね。DGSでしっかり話した分、あれくらいの触れ方がベストだったと思います。大多数に望まれている、ちょうどいい加減をちゃんとやってくれるからほんと好き。やはり惚れるしかないわ。心なしかいつもより元気で、3割増しくらいで元気に振る舞っているなあと笑みが零れました。やはり惚れるわ。かっこいいわ。

 

今回の何が私にとって何が苦痛で嫌だったかって、それは「ファンの動揺」です。

怒っているを見るのも、嘆いているのを見るのも、離れていくのを見るのも、負担でした。ファン同士で喧嘩しているのが嫌でしたし、私もピリピリして同じファンに対して怒りを向けやすくなっているのが嫌でした。これが一番嫌な事でした。私の性格からして、同じファンに怒りたくないよ。

ライトファンもお花畑も信者もアンチもガチ恋も腐ったのも拗らせ野郎も変態もエトセトラも、平和な時はそれぞれに楽しんでいたのに、面倒臭くいがみ合っていたのがもう嫌でした。

私の発言で不愉快な思いさせた人にはごめんなさい、って思う。今回の記事も不愉快な思いする人絶対いる。……嫌な思いしたら自己責任ということで。

 

神谷さんがハレゾラパーティで「僕の大事なピースのひとつひとつなのだから、ファン同士お互いにもし足踏まれても怒ったりしないで許しあいましょうね、お隣と仲良くしてくださいね」って言葉が脳内リフレインして、空しい気持ちになったりもしました。

 

意見が割れて当然ですし、離れていく気持ちも、アンチの気持ちも全く分からない訳ではないです。お花畑さんの行動もムカついていましたが、理解できないわけではないです。信者思考に近い人の言い分も理解は出来ます。全く理解できない感情や言動行動は今のところ見かけてないです。偽善者も悪意をもった人の気持ちも共感は出来ないけれど、分からない話ではない。それと同時に私のこの記事を読んでしまった人がいたら「わからん話ではないな」程度に思ってくれたらと思います。別に怒ってもいいけど。

 

ファンになりたての2010年付近の私だったら、いいも悪いも、こんな反応じゃなかったと思う。惚れた相手を延々引きずる粘着質タイプなので、ファンで居続けたでしょうけどね。それ以外は違う反応してそうです。

広告を非表示にする