読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。イベント以外の事はほぼ書かないです。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

キラフェス2017 感想レポ2

感想レポ2

 

3番手は浪川さん

センターステージにて登場します。黒を基調したクールな印象の衣装で、羽織っているジャケットの上襟と返り襟の部分は赤でした。

1曲目は「Colorless sky」でした。途中でスモークの演出も挟みつつ、後ろに引き連れた6人のダンサーとともに動きの激しいダンスで魅せます。アリーナA方向に向かって一列に並び、正面から見た時に千手観音のようになる振り付けにテンション上がりました。

キラフェス2015の時はこんなにガッツリ踊っていなかったもの。浪川さん、相当激しく踊っていました。(※のちに、MCのタイミングか最後の挨拶のタイミングかどこか忘れてしまったけれど、浪川さん本人が「ダンス一新した」という旨を仰っていました。)

 

曲が終わるとダンサーが薄暗くなった舞台から捌けていきました。

激しいダンスで息が上がった浪川さんが暫く沈黙したのちに、名乗りをしました。

両日ともに浪川さんの息が幾許か整うまでに数秒間の沈黙を要した訳なのですが、客席からは小さな失笑がそこらかしこから聞こえてきて、かっこいい曲の後でもこういうゆるい雰囲気になるのは、それも含めて浪川さんの成せる技なのかなとも思いました。

初日は普通の名乗りだったはずなのですが、二日目は「浪川大輔です!覚えていってください!」と仰っていていました。個人的にはそれが地味に面白かったです。路上ライブや選挙でもないのだから、覚えていってくださいは何か違うだろうと……。仕方なく付き合いや付き添いで来ている人に向けて言ったのだとしたら、割とピンポイントな客層に絞った発言でしたね。

 

お次に披露した「FIRE」ではセンターステージで歌いながら、センステ床に設置された機材から吹き出す複数個の炎に囲まれます。

キラフェス2015で神谷さんが炎使いになった時と同じ演出です。初日はその炎の熱気の余波を身体に浴びました。客席ですらこんなに熱いのだから、浪川さんは尋常じゃないレベルで周りの空気が熱かったことでしょう。

曲途中で移動をし、アリーナF方面(南スタンド方面)の花道を通ってサブステに設置されたクレーンで上に上がっていました。曲の終盤にはセンターステージに戻ってきて再び火に囲まれるという流れでした。

 

 

4番手は柿原さん

白と黒で構成されたお洒落なスーツと黒いハットを被っての登場です。目が錯覚を起こしてしまうような大胆な色の切り替えがされたスーツを纏って立ち振る舞う姿が美しかった。

そんな柿原さんは、アリーナE(東スタンド方面)と、アリーナF(南スタンド方面)の中間地点の場所でトロッコに乗って移動しながら披露します。登場一発目からトロッコに乗るのは珍しいなと思いました。

「今宵も君にドランカー♪」と客席からレスポンスを受けながらセンター席の外周を一廻りし、センターステージに到着します。

 

初日は普通の名乗りだったような気がしますが、二日目は名乗りの前に「また会えたね!」と付け加えられていました。……何と言うか、こういう振る舞いが非常にかっきーっぽいなと思いました(笑)

「1曲目はリングオブドランカーを歌わせていただきました。知っている方は知っているかと思うのですが、僕はお酒が好きです。お酒によって失敗したことも、培ってきたものもあります。この曲はそんな【お酒】にかかっている曲です…お酒を飲んだようにみんなで楽しみましょう!」という内容の話をされました。

 

2曲目は「Othello」で、センターステージで歌いました。網戸のようなステージ画面には柿原さんと思しき人物のモノクロ映像が映っていました。2015年のキラフェスぶりに聴いたなあと思いながらキンブレ振りました。

 

3曲目は「ドラマ」でした。予習しなかったので、この曲は初めて聞きました。曲もカッコ良かったのですが、照明演出が最強にカッコ良かった。アダルティな雰囲気の曲調と、気怠げで色っぽい表情、セクシーな歌声もあいまって、今回のかっきーの曲の中では最も印象的でした。

やや照明を絞った薄暗い舞台上でイントロが流れだすと、センターステージに中央に立つ柿原さんの足元の床が赤色、黄色、白などのライトで光りだし、急くように次々と色が切り替わり煌々と照らされる。間奏中もこの床からのライトアップ演出を見ることが出来ました。ショッキングピンクの激しい光が至る所から舞台を照らし、ライトが交差しあう。ピンクライトで照らされ歌う柿原さんの姿がエロスでした。

初日は、この照明演出がハートに刺さり過ぎて(イズムリズムでもこのライトアップをしてくれないかなー。)と思いながら過ごしました。

 

 

5番手はのぶくん。 

 まずは、「朧月」のイントロでめっちゃテンション上がったよね。その1、2秒後にのぶくんの姿を目視確認して、腰から崩れ落ちそうになったよね。

 

初日は目の前に手頃な柵があって助かりました。無かったら膝から崩れ落ちていたかもしれない。嬉しさと混乱と感謝でこんがらがって、一緒にいたフォロワーさんと狂喜乱舞というのは正にこの事かというくらいに盛大な歓声をあげました。あまりに興奮し過ぎて結果涙目で噎せるという酷い有様になっていました。

 

twitter.com 

 

煌びやかな和装に身を包んだのぶくんがアリーナD後方のメインステージに登場。

金と赤を基調とした華やかな和装で、足元の袴は黒でした。和装大好き人間にこれはしんどい。衣装さん、ありがとう。

しかも、朧月歌うと思ってなかったし……。嬉しい誤算にも程がある……。

 

twitter.com

 

センターステージへの花道を進みながら踊るのぶくんをこれでもかというくらい凝視したのに、はっきり覚えている振り付けは「僕のかぐや~♪」で己を抱きしめるところだけという酷い有様です。

初日に大興奮し過ぎて記憶が多少ぶっ飛んでいるけれど、画面に映ったものではなく正面から煌びやかに踊るのぶくんが見られて本当に良かった……。

気を持ち直して二日目に改めて諸々を確認しようとしたのですが、見えたのは後ろ姿が主だったのと、のぶくんの生映像を映す天井近くの画面は機材が被ってよく見えない状態だったので詳しくは判然とせず。網戸みたいな画面の方でも歌うのぶくんの姿は写っていたのですが、イメージ映像も半分半分程度の割合で映されていました。イメージ映像は月、竹、華などが煌びやかな色調で描かれた映像を流し、和の世界観を演出していました。

 

後半のサビで一緒に舞台にいたダンサーさん6~8人程度とセンターステージで金色の扇子を持って踊ってくれました。金色の扇子を持って先頭で踊るのぶくん凛々しい表情とキレッキレのダンスの美しきことよ……。朧月でののぶくんのお姿を、円盤発売になったら、みんな見てください……。

そんなのぶくんはダンス最中に扇子をぽいっと投げて片手チャッチしてくれました。

両日ともに危なげなく成功していました。キャッチし損ねたら相当恰好がつかないから、成功してよかったなあと思います。危なげなく颯爽とキャッチする姿がカッコ良かったです。歌声も安定していてカッコいいし、もう最高だった。

 

この扇子演出を見た時、シアライで神谷さんがやったカラーガード演出が思い出されました。アレに比べたら怪我をするリスクが格段に下がっているなと思いましたし、練習場所もそこまで選ばなそうだな、と。(ああ、神谷さんはキラミューンで新しい演出を取り入れる為に犠牲になったのだなあ……。)と思いました。

 

朧月が終わると、凛々しい表情がほどけるように緩み「どうもー、岡本信彦でーす。」ってゆるふわ可愛い声で挨拶してきました。

のぶくん、それはズルい。そんなギャップ、ズルい。

初日は「これから盛り上がっていきましょー!」的な事をサラッと言うだけだったけれど、二日目は「この衣装すごくない?和装!すごいよねー。」と自分からクルクルと回ってみせてくれました。

もぉ―――――!のぶくんのそういうの、ズルい!私、そういうの大好きなんだけど!

本来、人間界では服を褒めてもらいたい幼女か美少女しかそんな振る舞いしないぞ。はぁ―――――……。愛おしいったらありゃしないよ全くもう。

その振る舞いを受けた客から〈可愛い!〉と言葉が次々飛ぶと、「か、かわいい?かわいいかぁ……。」と少し苦笑いしながらつぶやいていたのがキュートでした。カッコイイって言って欲しかったのかな……。

幼女振る舞いに続けて、「今回のキラフェス、衣装に赤が多いんです!フリーダムな力が宿っている感じするよね、自由のね!」と話してくれます。そうやって自由くんの事をサラッと触れてくれたのでメンバー愛って感じがしていいなあと感じました。

それと、のぶくんが「これから僕たちがみんなを楽しませる……うーん、上から目線になっちゃっているな(笑)みんなに楽しんでもらう、かな!」とわざわざ言い直していたのにはキュンとしちゃいました。

 

両日ともにやっていたのは客とのレスポンスでした。

「これから僕たちと一緒に盛り上がってくれる人!手あげてー!!」と挙手を促すのぶくん。〈はーい!!〉と盛り上がる客の声に畳み掛けるように「じゃあ僕の言う事聞いてくれる人!手あげてー!!」とのたまう。再び肯定の声で答え、盛り上がる客席に対して、「良い子だ……。」と低めのボイスで褒めておりました。その後に「声優だとこういうのが出来るからねー。」とふにゃっとした笑顔で、やや早口に言っていて可愛かった。

のぶくんの手の掌で転がされる感じ、嫌いじゃない。もっと転がして、ってなる。

両日ともに恥も外聞もなく超全力で挙手しましたよ。

 

2曲目は和装の上着を脱いで、シックな黒の衣装へチェンジ。センターステージでの披露でした。のぶくんの立つ足元の床が上がり、遠くの席からも多少見やすくなった状態で「Miseries of life」を歌ってくれました。かっこよかったー。

 

お次は吉野さん。

1曲目は「DRAMATIC SURF COASTER」で,トロッコでの登場でした。青と黄色を基調としたラフな印象のロング丈衣装を着ていました。

2曲目はセンターステージでの披露で、「Do it」でした!吉野さんの曲の中で私が好きな曲トップスリーに入るので、今回歌ってくれてラッキーと思いつつ、一緒にDo it Do itしました!網戸画面にはレス部分の言葉が表示されていました。

 

 

《感想レポ3につづく》