かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

オカモトラベル

f:id:dgsmki:20180322135249j:plain

わーい。昨日アニメイト行ってゲットしたのです。

お正月の時に見られなかったから、円盤になったら買おーって思ってて。

うっかりしていたんだけれど、のぶくんが自分で発売日だよ!って昼間から宣伝していたから気付けたわ。せんきゅー!

梶くんのことも好きだし、買ってすぐ見たの。

終始すごくによによした。とても癒された。

かわいいが詰まっているから、めっちゃ見てほしい。

 

広告を非表示にする

キラフェス2018 祝花のお写真

f:id:dgsmki:20180322135206j:plain

f:id:dgsmki:20180322135114j:plain

f:id:dgsmki:20180322135028j:plain

f:id:dgsmki:20180322134938j:plain

もはや、祝花を見るのが楽しみのひとつになっている。

初日にゆっくり見ました。

 

キラフェス2018 感想レポ5

※以下は個人の記憶と感想文です。

 

【MCパート③】

客席の歓声に「みんな元気あるねー!」とニコニコ顔の神谷さん。でも着席を促してくれる優しさ。5時間立ちっぱなしでキンブレふっているのは身体がしんどいからMCの時はどんどん促して座らせてください。

 

いつも通り、加入が新しい順番で挨拶とコメントをしていきます。

 

スパークル

初回なので全体的に初々しいコメントばかりでした。

ライトグリーンに染まった会場の景色が綺麗って話から、『スパークル個人の担当カラーがどうなるのか』って話がされていたな。自由くんが「黄色(浪川さん・江口さんのカラー)はハズレ」という意味合いの事を言ったので、浪川さんが「黄色はハズレとか言うなよ?!黄色を決めるときは、じゃんけんとかじゃなくて、ちゃんと話し合いして決めてね!」と念押しするように言っていたのが印象的だった。

 

吉野さん

よっちん先輩のマイクの持ち方が横持ちで若干変だったんだけれど、自由くんにツッコまれると「え、こう?……(直すが、再びツッコまれる)……鉛筆の持ち方じゃねーんだから好きにさせてくれよ!」と逆ギレ(笑)

「後輩が出来たんで、これからは自由にさせてもらいますよ!」に笑った。今までも好きにやってたじゃーん。凄い勢いで日本各地に渡ってツアーをやる事が発表されました。

 

Trgnal

良平さんが「俺たちは初日の後に、すごぉく真面目な集まりをしていたんだけれど、スパークルは何していたの?」とナイスなパスをしていて、『保住くんの部屋にスパークルみんなで集まって初日の反省会をしていた』という事が知れました。

この話の流れで、『スパークルでは誰がリーダーになるのか』って話もされていました。(私はてっきりゆうとくんなのかなと思っていたけれど、まだ決まってなかったらしい。)ゆうとくんは「みんなが僕を盛り立ててくれるだけ……」って言っていました。「気がつくと、こいつ(たくとくん)がどっか行っちゃうから!」という事を言っていてほのぼのした。

 

のぶくん

「僕、白担当なんですけど!スパークルの白さに負けないで頑張る!」って内容のコメントを言っていたの可愛かった。白いかどうかはさて置き、可愛さなら全然負けてないよ!

アニバDVD発売決定の発表がありました。

フォロワーさんが、〈はぴどあも見たかったな……〉と呟いていてめっちゃ同意しかなかった。それねー……。ファーストライブからDVD化されている紫推しとしては、正直こういう格差がたまにしんどい。その分、他のメンバーは沢山ライブしているから、楽しめるという点ではどっこいどっこいなのかな……。

 

柿原さん

毎回の事ながら、コメントが真面目。

そして、スパークルの3人が『ファンキー☆ジャングル』の振り付けを真剣な表情で一生懸命練習しているのを見かけたと話してくれました。スパークルの子達の事を「本当に真面目で良い子」と褒めていました。

 

浪川さん

「『ファンキー☆ジャングル』はみんなに投票して決めてもらった」という話をしてくれました。投票してくれてありがとうと、この場を借りて感謝の言葉を述べていました。

その流れの中で、浪川さんが「番号があるからね」と言いだして、「急に何の話?」「番号?電話番号?」と自由くんと神谷さんのペアから、いぶかしげに尋ねられていました。「シリアル番号のこと?」って神谷さんが言ってから、会場も「ああー。」と納得した声が出たので「おい!会場のお客さんですらわかってなかったぞ!」と強めにツッコまれていました。

「横浜アリナちゃんの時(※女装の時)に江口くんからいやらしい目で見られた!」という冗談も言っていました。

 

自由くん

コメントの最中に浪川さんが気になって、絡んでいました。

浪川さんの背中や裾に風を送ってちょっかいかけていたのはのぶくんなのに、自由くんが「俺が話しているんだけど?黄色嫌いになりそう。」って言われていた浪川さんが不憫。そして巻き込まれている江口くん(黄色)も不憫。自由くんが浪川さんに怒っている時、のぶくんは知らん顔してニコニコしていた。

 

神谷さん

毎回同様、ダンサー、お客さん、スタッフさんへの感謝を述べてくれました。

いつもの事ですが、初日のMCでは「明日も二日目があるので、楽しみにしてきてくれる方の為に、セトリとか演出のネタバレをSNSに書くなどの行為は無しでお願いします。」って申し訳なさそうな感じでお願いされました。(二日目に褒めてもらえるのかなと勝手に期待していたんだけれど褒めてもらえなかった……。残念。)

 

神谷さんの〈SNS嫌いネタ〉も発動していましたね。神谷さんの「ツイッタ―とかいう、馬鹿がやっているのに書いちゃだめですよー!!」の発言を受けて、自由くんが「ちょっと、あんた言い方!」と窘めていました。

そんな自由くんに対して「だいじょうぶだよ。みんなツイッターやってないよ。」と言っていたけれど、お客さんの8割9割はツイッタ―やっていると思う(笑)

最近の神谷さん、SNS嫌いネタがほんと多いな(笑)

 

もはや、ツイッタ―を使ってないキラミューンメンバーの方が少ない。スパークルの5人とキラミューンメンバー11人、合せて16人。その中で、個人でツイッタ―アカウント持っていないのは、かっきーさん、のぶくん、自由くん、神谷さんの4人だけ。でも、社長なかっき―さんは自社のアカウントでたまに個人ツイートしているし、のぶくんは去年の秋からLINEブログを始めたし、自由くんはインスタをやっている。

何もやっていないのって神谷さんだけなんだな。

ツイッタ―やっていても、明かさずにしていて欲しいけど。

 

神谷さんが「僕はリハーサルが好きで、本番はあまり好きじゃない人間なんです。ほら、リハなら失敗が許されるじゃないですか。でもこうやって終わりが近づいてくるとちょっとだけ寂しい気持ちもしますね。……そうでもないか!!」と言うものだから、客席から「ええー!!」の嵐を浴びていました。神谷さん、「ええー!」って言われるの好きよね!(笑)あの瞬間の神谷さん、いい笑顔でした。

 

更に、「キラフェスは全部で5時間くらいです。だから、1人の持ち時間は30分くらいなんですけど、その30分の為に何日も練習して積み上げてくるわけです。」という内容の話をしていて、ソロでのステージって相当大変なんだなと改めて思った。でも、機会があればまた神谷さんにソロライブして欲しいですよ。

 

そうそう。今回のMCではやたら「来年は10周年!」って強調していましたね。

期待しちゃう。今までこんなに来年の事を意識して話す神谷さんがいたかしら??もう何かしら動いているんだろうな……。

 

あと、KAmiYU in Wonderland 4の開催決定が発表されました。

新曲の時点で薄々感づいていたけれど、やっぱり嬉しかった……。あとはチケット戦争に勝つだけだ。かみゆファンが今現在どんだけいるのか分からないけれど、倍率怖い。

 

そういえば、どこかのタイミングで自由くんが「神谷さんがいつも言っているアレ…。キラなんとかってやつ」という言葉に、「キラ紳士キラ淑女ね。」と神谷さんが軽く答えていたけれど、今回はそのコーレス(「キラ淑女―!キラ紳士―!」って声だしするやつ)がなかったな。忘れていたのかな?

 

 【アンコール全員曲】

EVER DREAM & Get Together!

次に歌う曲を全員で言う前に「エバーなんとかの方ね!」と自由くんが言ってくれたから、安心して声出せたよ(笑)

 

今回のアンコールでは、キラミューンメンバーがスタンド席(※実質的には3階席)の方に来てくれました!スタンド席の通路を歩いてくれたので、二日目は(あ、あ、神谷さんがこっち来た……。あ、行っちゃった……)(あ、あ、のぶくん……あ、……行っちゃた。)って感じで見送りました。単純に距離的にはこのアンコールの時が一番近かったかな。この二日間、推しと目線は全く合わなかったけど(笑)

 

最後に「僕らの描く未来」を歌ってキラフェスは終了となりました。

その後にみんな2人一組でカメラにアピールして捌けていくのだけれど、それぞれにポーズをとったりハグしたりして捌けていくのね。江口くんが銃を構えるポーズをとったのもかわいかったし、のぶくんが両手で大きなハートを作ったのも可愛かったし、かっきーさんと浪川さんが近距離からのハグをしていたのもかわいかったけれども、一番のヤバみは二日目のKAmiYUでした。

正面向き合った二人。自由くんが神谷さんの手を取ったかと思うと、ポスンッと効果音をつけたくなるほどに少女漫画チックに神谷さんがハグされていました。自由くん男前ェ……。そして吃驚した後にすぐに顔くしゃくしゃにして笑う神谷さんかわいい。

 

もちろん、神谷さん恒例の投げキッス3連打&キス投球もありました。毎回ありがとうございまーす!

 

ーおまけー

初日の神谷さんの可愛かったポイントとしては、銀テが降り注いだ後ね!

花道を歩いている神谷さんが、銀テを客席に投げようとして全然投げられてなかった姿が可愛かった。金色のテープがキラキラと輝きながら神谷さんから離れずに巻きつくように残っていたの微笑ましかったです。なんとか花道近くの客席の上に落としていたけど(笑)

ちなみに、銀テは初日にゲット出来ました。

 

 

キラフェス2018 感想レポ4

以下はあくまで個人の記憶と感想文です。

 

【アンコール】

トップバッターはノブグナル!!

グッズTシャツの姿でメインステージ上部に4人揃って登場し、「Tic Tac Anniversary」を歌ってくれました。CDで聴いた時も可愛い曲だなと思ったけれど、今回のライブで見て一層好きになった。なんなのあれ。可愛いが過ぎる。『チクタクチクタク ♪』~『Sweet Sweet Sweet ♪』の時の振り付け超かわいい……。

 

『祝おう記念日を ♪』で、例のハートポーズが見られました。

以前から話には聞いていたので、初日に見たときは(これがあの代永くんだけが出来ないハートポーズのことか!)と1人で納得していました。小さなハートを作っている人がいたりとポーズがバラついていたけど、誰がどのハートポーズだったかはもう記憶が曖昧。確実に代永くん以外の誰かも小さなハートで済ませていた。

 

のぶくんの『また遅刻だぞ ♪』の時の、窘めるような仕草と少し怒った表情と声が可愛いにもほどがあるね??この胸のトキメキは、HAPPY DOOR(※岡本信彦ライブツアー 横浜公演2017年)の、カメラ事件でうっかり夢女子気分になった以来の気持ちだわ!あの場にいた白の妖精さんなら何の話か分かるよね?!

 

『俺たちの“なんとか記念日”が追ってきたんだって ♪』で、代永くんのエスコートに、長身の江口くんが身をかがめて手を差し出すの、心優しい彼氏感あって興奮した。

 

興奮していたら、のぶくんの『いつもごめんな ♪』で追い打ちされた。両手で〈ごめんポーズ〉尊い。ごめんって顔するのも可愛い。そしてCDより声に可愛さを大目に盛っているのが堪らない。

 

間奏の時に、二人一組で階段を下りだすという流れでした。

『きっとこの先何度でも ♪』で江口くんが代永君の手を引いてエスコートしていて、しんどかった。ときめく。

 

『俺たちの“大事な記念日”を一緒に祝う為に』のところで、上手側の階段を下りながら良平さんとのぶくんが肩をくんで視線合わせて仲良しオーラ全開にしていた事は記録に残しておきます。そういう演出だってわかっているけど、悔しいくらい興奮しちゃう。

 

最後の集合決めポーズの時に、のぶくんが江口くんの左肩に頭をもたれ掛って《ふにゃ~》って効果音がつきそうな緩んだ顔で笑っていたのがしんどみが過ぎるし、その2秒後に代永くんが江口くんの髪にキスしていたのがヤバかった。江口くんモテモテかよ。スイーツ担当の2人が両側からデレるとかなんなんだよ。

 

チクタク、可愛くて、もはや辛い。そして、目が足りない。人間の目って2個しかない、つらい。

 

お次はTrignalのぶくんだけがステージから捌けます。

曲は「ESCOLTA」。私がTrignalの曲の中で超好きなやつです。セトリに入っていてくれて、ありがとうございました!すっごく嬉しかった!!古屋さんの書く歌詞ほんと好き。

トキメキながら聴いていると、頭に黄色のリボンをつけた浪川さん(※横浜アリナちゃん)が登場。所作や表情は女っぽい仕様にしていて可愛いのに、身体の大きさと筋肉のゴツサ故に違和感しかない。

『バックミラーで髪形直して ♪』で代永君が浪川さんの髪を直していて、妙な可愛さがあった。 

キラフェス2016のアンコール同様に(※Trignalの『Darling』)、3人から求愛されて、1人を選ぶという流れでした。この流れ好き。そして初日は代永くんが選ばれていて、浪川さんと仲良く腕を組んでいちゃいちゃしていました。その間に良平さんと江口くんが邪魔をして割ってはいってくるという(笑)

二日目は良平さんが選ばれていました。2016年も今年も選ばれない江口君……(笑)

 

ラストの『最高の愛をとどけていくよ ♪』からは、サビのダンスを浪川さんも一緒にノリノリで踊ってくれました。初日は何故か浪川さんが代永くんの指を口に含むという奇行に走っていました。あの演出なんなの??唐突過ぎる!!

しかも、浪川さんが代永くんを抱擁したと思ったら何故か代永君の頭が齧られていて、色々謎過ぎた!(笑)

二日目は警戒モードの良平さんですら指が食べられていた。そして、良平さんも浪川さんの指を食べかえしていた。あのやり取りは謎過ぎたので、誰か解説してほしい。

 

3番目はかっきーの「咲いちゃいな」でした。

好きな曲きた―!キラフェス2015で感動して泣いた曲!『どーこーでもいいーかな!』のコーレス揃っていた。ピンクにするか迷ったけれど、無難に緑色のキンブレふりました。途中からホリエルとゆうとくんが出てきて、一緒に歌っていました。ちょっと堅くなって緊張している二人をかっきーさんがフォローしている感あった。

 

4番目はスパークルの「Love Express」

スパークルって持ち歌が「ハジマリノソラ」だけかと思っていたら、他の曲もあるんだね?!と吃驚した。途中からやってきた吉野さんとかっきーが車掌の帽子を被っていて、スパークルの皆を乗り入れて、電車ごっこしてくれました。幼児みある演出でした。

 

5番目はよっちん先輩の「Bye Bye ☆セレモニー」

『いいじゃなーい ♪』のコーレス入れられて楽しかった。やはり、知っている曲だと楽しい。トロッコで回ってくれました。良平さんと江口くんがゲストで一緒に盛り上げてくれました。

 

6番目は「VERSUS 」

よっちん先輩と浪川さんとかっきーさんでバーサスしました。

 

7番目は自由くんの「Crazy Love」

いやーーーーー。これは、爆弾投下されました。

のぶくんと代永くんがゲストに出てきて、一緒に歌ったんだけれどもー。投げキッスが……。代永くん、のぶくん、自由くんの順で投げキッスしたんだけれども。

のぶくんの両手投げキッスからの、お顔を両手で挟んでふにゃ~ってするの、はちゃめちゃに可愛すぎて脳内麻薬バンバンでたわ。この小悪魔め……。確信犯め……。

自由くんの投げキッスという激レアなものも見られました。

最後は3人集合して、ポーズ!

すぐにカメラにのぶくんの顔がアップで映り、「……いち、に、いちに、せーの!」とカメラを見つめたままののぶくんがカウントを始めて、次の曲に続きました。

 

8番目「最最強」

間違いなく、今回のキラフェスで一番印象的だった演出。

のぶくんがブログで、のぶくん発案の演出だったと言っていたので、もっとのぶくんの事が好きになってしまった。ただ、《カミーユとやるならオタ芸》って発想がどういう流れで出たのか教えて欲しい。

最初はメインステージで最最強を歌いだすんですけれど、中盤で何かをスタッフから受け取るんですよね。それを背中に隠しつつ、同時に登場してきたKAmiYUの二人に視線を送るんですよ。二人も何か背中に隠した状態でした。

初日は(これから何をするんだろう)と疑問を浮かべた辺りで、のぶくんの元気な声が響きました。

「神谷さんー!自由くんー!いくよぉー!」

 

3人とも背中に隠していた大閃光を床で叩き割ります。

 

?!?!

 

初日は3秒間くらいガチで思考停止したよね。

照明が落ちたステージで、3人の大閃光のオレンジがリズミカルに動いていました。

(え?今、いったい何を見せられているんだ?なんだこれ??)ってなっていました。

笑いながら、戸惑いながら、コーレスしました(笑)

アンコールに体力をガリガリに削る鬼畜な演出を自分から入れるという、のぶくんのMさ加減ヤバい!歌いながらオタ芸やるとか正気かよ。「ハイ!ハイ!ハイ!」って声だしもしているし(笑)

『最強の 仲間たち に 囲まれている僕は 最最強 ♪』で大閃光を両手でクロスさせた状態に構えて、真剣かつドヤ顔ののぶくんの顔がモニターで確認出来て爆笑するしかなかった。

心の準備が出来ていた分、二日目の方が全力でコーレス出来た。初日は前半ずっと笑っていて全力出せなかった(笑)コーレスが多い曲なので、客が歌っている間に3人が光る棒を振りまわしていて、これではまるで立場が逆だなと思ったりもした!

 

あの神谷さんと自由くんによくオタ芸させたなー。そして、コラボする時の案って、本人に希望を尋ねられているんだなって初めて知ったわ。

オタ芸って結構ハードだし、歌いながらオタ芸したのぶくんの肺活量と体力はすごい。途中から流石にヘロヘロ気味になっていたけど(笑)

自由くんのキレッキレのオタ芸は凄かった。なんなのあの終始キレッキレな動き。

神谷さんは明らかに徐々に動きが鈍くなっていて(か、神谷さん……!頑張れー!)ってなった。モニター越しにちらちら見える神谷さんの表情がもう……本当に限界な表情をしていて……(笑)1人だけ10以上も年齢違うものね。何で43歳にオタ芸させたし!(笑)

ヘロヘロになった神谷さんとのぶくんがよろめきながら退場する姿は目に焼き付けました。曲が終わってからもまともに動けていたの自由くんだけだったわ。

 

9番目は浪川さんの「ファンキー☆ジャングル」

(この曲を歌わなかったら嘘でしょう?)って思っていたので、無事にアンコールで見られて良かったです。キラフェス直前に話題沸騰していたものね。

浪川さんの左肩に赤いインコがついていて、ツッコミたくてしょうがなかった。浪川さんが動く度に呼応して激しく揺れていました。二日目の最後にはインコを優しく撫でていました。あのインコ、名前とかあるのかな……?

いやーー、楽しかった!!ハイ!ハイ!ハイ!パオパオ!!

アラサ―の私ですが、こんなに全力でウホウホしたのは生まれて初めての経験だと思う。

ゲストはスパークルのちばしょー、保住くん、たくとくんでした。3人とも全力でウホウホしてた!スパークルって、正統派アイドル路線攻めって方向性じゃないの?ウホウホさせて大丈夫??

 

アンコール最後を飾ったのは神谷さんの「HARE?GO!」

盛り上がる曲だし、客のコーレスも揃っていました。

バックステージから始まり、センターステージまで移動しながら歌ってくれました。今回のゲストはキラフェスメンバー全員。

あの景色は感動的だったなあ。メインステージで神谷さんを歌いながら待つキラミューンメンバーの元へ、神谷さんが軽快に走っていく構図は良かった。神谷さんが花道を走る光景って、いつ見ても好き。

 

感想レポ5につづく(次でおわり) 

キラフェス2018 感想レポ3

※以下はあくまで個人の記憶と感想文です。

 

MC明け、一番手はUncle Bombでした。

お二人ともグレーの大人カッコイイ系スーツで、「ノーウェイバット」をセンターステージで披露。2曲目の「哭くな吠えるな彷徨うな」は、2人ともメインステージの上部に上がって披露。下部の方にいるダンサー達のダンスパフォーマンスと相まって、壮大な感じがすごかった。SparQlewの後だからか、安定感が半端ない。

 

二番手はKAmiYU!!お久しぶり!!!

今年のキラフェスでは、あなた達が出てくるのを一番の楽しみにしていたよ!去年は自由くん欠席だったからね。

バックステージに登場し、トロッコでぐるっと一周回ってくれました。

曲は「TouriStar」。「神様が~♪」のところは神谷さんを指さししてくれるし、「参加自由とは気前がいいな♪」では自由くんをさしてくれる。この部分はいつ見ても好きだし堪んない。

衣装はお揃いの双子コーデ!明るいピンクと黄緑が半分に分かれているデザインのパーカーの上に、カジュアルなデニムジャケットを羽織っていました。

自由くんは肩がずり落ちていて、下のパーカーが見えやすい状態。それとは対照的に、神谷さんはきっちり着込んでいましたね。たまにずり落ちてもすぐに直していた。手の方は若干生地が余っていて萌え袖感あった。

一日目は興奮しすぎて周りの客とか全然見えてなかったけれど、二日目は席が高いこともあって薄ピンクが少ないことに気付いた。薄ピンクじゃなくて、紫と赤で構成されていた。KAmiYU、活動しないからな……。

 

センターステージに到着した二人。

初日は、神谷さんの「ごめん、間違えて(笑)」から始まっていました。「俺らくらいのベテランユニットになるとー!間違えてもヘラヘラしてるから!」と開き直る神谷さん。

ヘラヘラって(笑)言い方(笑)

起きたものは仕方がないし、結果は変えられないんだから、そりゃ笑っていた方が断然いいに決まってるけどね。言い方(笑)

 

『久しぶりにKAmiYUをしたね!全く活動してないね俺ら!』って内容の話をしていましたね。

一日目は「神谷さんもそろそろKAmiYU、やりたくなったんじゃないんですか?」と自由くんが尋ねると「お断りします!!」と力強く否定する神谷さん(笑)そういう返しを全力でしちゃうところ好き(笑)そんな事いうから客席からは「ええー!」ってブーイングされていたけど!

 

自由くんが「この服、本当は2枚のパーカーだったんですけど。半分にして繋ぎ合わせたものなんです。双子コーデ(笑)」と笑えば、神谷さんも「仲良しアピールか!っていう!(笑)きもちわるっ(笑)」と座り込んで震えるようにめっちゃ笑ってた。かわいい。

ぐぬぬ、可愛い。双子コーデを提案した人、とっても偉い。褒めたい。

そしてよく笑う神谷さんがかわいい。

 

二日目は「本当に(KAmiYU)を待っていたの?俺、人の事は簡単に信じないから。ここにいるみーんなのこと、疑ってるからな!」と、神谷さんお得意の『他人は信じません』ネタが発動。

「みんな、待ってたよね?!」と自由くんが確認すると、会場からは、大きな歓声が響きました。私も全力で「待っていたよー!」と叫んだわ。

大きな声援を受けて、神谷さんが「どうやら本当みたい。」と自由くんに近寄って報告しに行っている姿が可愛すぎた。

自由くんに「簡単に信じちゃったね?!」とツッコまれると、「俺、人を信じやすいんだ……だから、信じないようにしているのに……!どうしたらいい?」と自由くんに助けを求めて先ほどよりも近寄る神谷さん。その直後のタイミングだったと思うんだけど、神谷さんが自由くんに少し触れたのね。その時に自由くんから「気持ち悪ィ、触んな!」と笑いながらも強めのワードで拒否られていて、結構笑っちゃった。あれは不憫。そして、神谷浩史をああも雑に扱えて強めに拒否れる入野自由って貴重人物。

そして、神谷さんが何で自由くんに触ったのかはイマイチ謎。双眼鏡でガッツリ見ていた人か、近い席だった人に事実を教えてもらいたい。

 

初日は「次に披露する曲は新曲です。」と言われ、思考停止した。

(新曲ってことは再び活動するって事???)と喜びで混乱した。

「卍ガンザナイト」とタイトルを二人で揃って言うと、客席からは大歓声と笑い声が湧きあがっていました。

「みんな、タイトルに笑っているけれど、これは『満を持して、期待の夜を撃つ!』ということなんですよ!」と言いながら、指でバーンと撃ってくれたのね。もうその神谷さんがウルトラ可愛くてかわいくて……。モニター越しとはいえ、ミラクルにキュートな一撃を受けてしまい、その時点でわたしは瀕死状態。

新曲を披露してくれたのだけども、めちゃくちゃに可愛かった。かみゆちゃんのアイドル的な可愛さに飢えていたのもあって、破壊力半端なかった。キラフェスに参加してなかったファンは新曲が発売されるのを心待ちにしていいですよ本当に。

ダンスがね、可愛いんだこれがーーー!!もう!!!

歌詞も「待たせてしまった」とか「KAmiYU in ワンダーランド」とか、(確実にかみゆいんわんだーらんど4するやんこれェ……)って胸が高まってしょうがなかった。かみゆ3に参加したのって、私がまだ大学生の時だよ?卒論の提出が近くて戦っていたもの。ああ、時の流れの無常さよ……。

 

曲の中盤から、踊る2人の背後でピンクの風船が膨らみだして上昇していき、曲の最後にはパーンッと割れていました。KAmiYUの2人へ、割れた風船から飛び出した銀の細かいテープ達がキラキラと降り注ぎます。銀の煌めきの中で「やったー!!」と喜ぶ神谷さんと自由くんの姿がサイコ―にかわいかったです。あっ、宇宙一可愛かったです。

 

3番手はノブグナルで「光を」でした。

モニターには暗い空と濁った雲が映され、低い雷鳴が轟き、おどろおどろしい雰囲気に一変します。初日は(え、なにこれ?)状態だった。雨の音とともに代永くんが出てきて理解した。4人とも長めの丈のお衣裳で、各々のカラーを纏っていました。

最初のポジションはメインステージの上部に代永くん、メインステージの下部に眼鏡無しの江口くん。上手側にのぶくん、下手側に良平さんでした。途中で、上部の3人がポジション変えて、後半で下部に良平さんとのぶくんが歩いて下がってくる感じでした。「光を」めっちゃ良かったー!壮大な茶番感あって良い!

 

ノブグナルに参加した友達の話聞いたら、ノブグナルの時と同じ衣装で、朗読が無い以外は同じだったとのこと。やっぱ、去年のノブグナル行けばよかったなーーー。資格の為の通学さえなければーーーー。ノブグナル曲もキラフェス直前になって急いで聴いたしさ。後悔してもすべては後の祭りだし、かなりチケット難民見かけたから、そもそもチケットが取れなかった可能性も大いにあったんだけどさ……。ぐぬぬ、すごく愚痴りたい。

 

4番手はかっきー

メインステージにて「Supernova」 と「トコナツウェーブ」を披露。

トコナツウェーブは歌うし踊るだろうなーと思っていたので、楽しみました。PVのあの踊りの振り付け、かわいいから好き。結局、キラフェスまでに踊るレベルには覚えられなかったけどね!!

 

5番手は吉野さん

「さよなら」と「ねじれた夜」を披露。

 

6番手はTrignal

お揃いの青いスーツに身を包んでメインステージに登場。

1曲目はなんと「MISSON」!イントロでめっちゃテンションあがった!!好きだからとっても嬉しかったけれど、今回は歌わないだろうと思っていたから不意打ちを喰らった気分(笑)よく歌ってるイメージがあるんだけど、ファンの中で人気高いのかな?

そして、良平さんの「アア…」の声にやられた。セクシーボイス過ぎる。

次の曲も私の好きな曲!「天使と悪魔」!のぶくんが作詞というのもあるけれど、それはさて置いて、普通に歌詞が好き。のぶくん作詞、全てではないけれど、結構好みなのが多いのです。聴けるのが嬉しくてはしゃいだわ。

3曲目の「Love holic」もキラフェス前に聴いていたからテンションあがったなー。

 

7番目は自由くん

「涙の水面」と「FrameとEdgeと、その向こう側」を披露。相変わらず、歌唱力が群を抜いている。圧倒される。

 

8番目はのぶくん。

センターステージにて「Knight’s Courtage」と「Love Labyrinth」を披露。赤い細身パンツ、薄手の黒いロング丈の服を着ていました。動く度に黒い服がヒラヒラと揺らめいていた。その上に赤いジャケットを羽織っていて、その両胸と背中には黒いドラゴンの模様が入っていました。(まさか……?)と思いながら、全身を再度確認するように見ると、赤いパンツの足元にも黒いドラゴンの文様がきっちり入っていました。

 

どう見ても、厨ニ病な衣装でした。

(……確かに厨ニカッコいい系の曲だけども……!!ドラゴンの模様かあ……!)とジワジワ面白くなってしまって、「Knight’s Courtage」に集中できねえ。でも、カッコ良かったよ。初日は完全に衣装を見てにやにやしちゃってたけど。

2曲目の「Love Labyrinth」、最高にカッコ良かったよ!ダンスもキレッキレだったし、歌っているときの表情もすごくよかった♡

センターステージの中央がせり上がるようになっていて、そこに乗った状態で踊ってくれました。アニバで見たんだけれど、やっぱりラブラビはすげーカッコ良かったわ。(再確認)

「All range all green」の時に動きを止めてキメ顔をするんだけど、そのタイミングで緑色のライトに照らされている時の表情が堪らなかった。カッコ良かった……。私、アイドル曲も大好きだけど、厨ニ臭いのも大好き……。

 

9番目はかっき―さん。

1曲目は「ごめんね、ありがとう」を披露。

その後、トロッコで移動しながら「君はどう思ってるの」を披露。下手側辺りを移動している時に「ほらね。」があったのね。あの時の、客席からの歓声と黄色い悲鳴がすごかった。カッコ良かったよかっきー。私が仮にかっきー推しだったら、あの「ほらね。」はやばかっただろうなと思った。あと、綺麗にウインクした顔がばっちりカメラに抜かれてモニターに映っていたわ。

 

 10番目、神谷さんが登場。

お衣裳は、薄いピンクと濃いピンクが配色されたカジュアルスーツでした。お尻をすっぽりと隠すようなやや大きめに作られたシルエットが特徴的でした。基本ベースが薄ピンク色。襟と、背中からお尻にかけての部分が濃いピンク色。中はシンプルな白シャツ。

ううううう……。スタイリストさん~~、ピンクのスーツにするならキラフェス2013の時見たいな淡い配色のものがお似合いになると思います……。逆にカジュアルにするなら、いっそスーツじゃなくていいです……。個人的に全然好みじゃない服で、ちょっと凹んだ。ひろしさんが可愛いことには変わりはないんだれどーーー。

 

メインステージにて、「大吉中吉小吉」を披露。ステージモニターにはおみくじの札と共に、神谷さんの顔(顔写真)が飛び交っていました。初日は(おみくじ引いた時の顔ってことなんだけど、結構カオスな絵面だな……!?)と思いながら見ていました。

なんというか、このモニター演出が若干パチスロっぽかった。

 

大吉は吃驚したような笑顔、中吉は雑誌でよく見かけるニッコリ笑顔、小吉は両手を組んで首をかしげてイマイチな表情。凶は両手で顔を挟んでショックを受ける悲しげな表情でした。最後には、ダンサーが持った大きな4枚の札の中から1枚を引いておみくじをするという演出でした。

一日目は大吉を引き当てました。残りの3つの札が大凶だったのを見て「お前ら、みんな凶じゃねーか!帰れ―!」という声でダンサーを散らすという流れでした。

二日目は大凶でした。引いた直後、モニターにドアップで表情を抜かれていました。ショックを受けたような無表情をした後に、怒った風に暴れていました。

(神谷さんの動きと表情、欲しいモノが買えなかった時の幼児の怒り方と一緒や……)と思いながら見守りました。

2曲目はまさかの「シリカゲル」!これは予想してなかった。神谷さんが歌い慣れている歌だし、ダンス曲でもないからバランス的には妥当かもしれない。盛り上がりやすくてライブ向きの曲だしね。でも、他の曲でもよかった!シリカゲルは神谷さんのライブで頻出過ぎる!(笑)

3曲目は「当たり前なんかない」でした。神コネから3曲とも披露するしかないだろうと思っていたので、予想通りの流れ。とりあえず2018年は、セトリに組まれるのはしょうがない。

 

今回のキラフェスのラストを飾ったのは浪川さんでした。

「リアルタイム」 と「空色追想歌」を披露。

最後の人なので、センターステージにてコメントをしてくれました。

初日だったか二日目だったか忘れたけれど、「今日一度も名乗っていない浪川大輔ですー!」って言っていたのに笑った。円盤に収録が無かったら、初日だ(笑)

 

まずは、「この出番を待っている時間に、メンバーの歌(※神谷さんの「当たり前なんかない」だと思われる)を聴いていたんだよね。聴きながら、『やっぱり、当たり前なんかないよな』って思って。こうやって仕事している中で、ファンの皆からの手紙だとかって、すごく励まされるんだ。有難いなあって。その感謝の気持ちって、いっぺんに返すことは出来ない。でも、少しずつでもいいから、確実に返していけたらなと思うんだ。」という、ファンへの感謝の気持ちを話してくれました。

 

また、「みんなの置かれている立場だとか、大変さだとか、それを変えることは出来ない。でも、俺たちが、みんなの気持ちを上昇させるきっかけになれたら、と思う。気持ちを変えるきっかけになれたら、嬉しい。このキラフェスが終わって、『あの歌よかったね。』『あの話おもしろかったよね。』とか、話してみてほしい。今日というこの日を、『楽しかったな』って思ってもらえたらすごく嬉しいです。」という事もおっしゃっていました。

(※私の記憶なので多少記憶違いがあるかもしれませんが。)

 

アンコール前の最後の曲は「暁」。

センターステージで絞り出すように必死に歌ってくれました。

 

感想レポ4につづく

キラフェス2018 感想レポ2

キラフェス2018 感想レポ2

※以下は、あくまで個人の記憶と感想文です。

 

【MCパート①】

今回の司会進行はUncle Bombが担当でした。一日目は浪川さんが主に回していて、二日目は吉野さんが主でした。

 

トークテーマは『もし、キラミューンメンバーとユニットを組むなら誰と組む?』というもの。これはとても興味そそられるトークテーマ!

 

Trignalはどう?他のメンバーとやりたいとか、3人じゃなくて2人でやりたいとかある?」と話題をふられると、気まずげに視線を彷徨わせる代永くんと良平さん。

息の合った悪ふざけありがとう。安定の江口くん弄りでした。Trignal仲良しだな。

締めはリーダーの良平さんによる「俺は、この3人以外なんて考えられないぜ。」という完全に芝居かがった台詞で締めくくられました。動きと言い方が完全にお芝居で、「なんであいつ、急に芝居してんだ。」って神谷さんか吉野さんが後ろ側でツッコミ入れていました。

 

KAmiYUの二人に話が飛ぶと、「最近、全然活動してないですけどね!」と笑う二人。

 

神谷さんが「コンビってのはどっちかがしっかりしてればいいもんですからね。」と発言。

それを受けたUncle Bombの二人が「俺の方がしっかりしている!」とお互いの額がぶつかるような距離で言い合いしていたのが癒された。

 

両日とも、序盤はトークに入らないで静かにしていた柿原さんに対して、神谷さんが「かっきーはさ、トークテーマにもうちょっと関心もとう?」と促していました。

(※二日目も「かっきーは『俺、関係ねぇ』って顔しているけど、トークに参加していこう?」という、一日目とニュアンスは同じ声掛けを神谷さんが言っていたので、この辺のかっきー弄りの流れはちゃんと台本になっているのだなーと思った。)

 

かっきーさん曰く「だって、俺だけですもん!ユニット組んでないの!」と笑い混じりに理由を吐露。それに対して、のぶくんが「ノブグナルはユニットではないですよ!」と若干のフォロー(?)を入れる。

それを受けて、「のぶとは前からずっと話してるんだけど、俺らが組んだら『おかき』だなって。」とかっき―さんが言うと、元気よく首肯しながら「商品化もしやすそうですしね!」と現実的な事をいうのぶくん。更に「僕、かっき―さんと二人でカラオケ行くんですよ!」と凄くドヤ顔ののぶくん。見事なドヤ顔でウルトラ可愛かった。心臓が締め付けられた。

この時に神谷さんが「かっきーの方が入ったの早いんだから、『おかき』じゃなくて『かきお』じゃね?」と言いだしたのね。

『かきお』って。絶妙にダサい!めっちゃ笑ったわ。

 

「AB型だから、人と合わせるの苦手なんです!」と言うかっきーさんに対して、「逆に、いっそのことAB型の人間のみでユニット組んだらいいんじゃない?」という話の流れになっていました。自由くんと良平さんとかっきーさんの3人で組んだら、各自好き勝手に自分の歌いたい歌を歌って、各自好き勝手に動いて終了するという妄想話でトークが盛り上がりました。

 

《一日目のみの内容》

浪川さんから、「もし、KAmiYUにどうしても他のメンバーを入れるとしたら誰を選ぶ?」と話題を振られると、自由くんが「江口。」と即答。

その回答を受けて、会場からは、歓声なのか悲鳴なのかわからない動揺の声が漏れていました。選ばれた江口くんも吃驚した顔をしていました。

ズイズイと勢いよく前に出てきた自由くんは、江口くんと握手すると思いきや、銀色の衣装のザラザラした表面を江口くんの手に強く擦るだけってという(笑)

「痛い!!自由くんの衣装、ザラザラして痛い!公演前にも一回やられたのに!またやってきた!酷い!」と騒ぐ江口くんを、したり顔で眺めながら、「これがしたかっただけで、江口は要らないです。」と颯爽と下手側に帰っていきました。

「ちょっとぉ!」と叫ぶ江口くんでしたが、「じゃあ、なんでまた同じ手に引っかかるんだよ。」とツッコミをいれられていたりしました。

 

同い年コンビ可愛い。和んだ。

実際、声の相性はともかくとして、弄られ役になりがちな江口くんと悪戯っ子コンビのKAmiYUは相性いいと思う。神谷さんも江口くんのことをかなり気に入っているし。

 

「神谷さんの意見も聞かないと。」と自由くんから話を振られた神谷さん。「江口は遠慮します。あと、お前の頭の色変だぞ。」とストレートに毒吐いていました。

確かに、今回の江口くんの髪色はイケメンしか似合わない色だなと思っていたけど!なんでその色にしたのか掘り下げて欲しかった。

とりあえず、江口くん不憫。

 

今年でキラフェスは9回目。現メンバーも9人もいる、という話になって、吉野さんが「99.9ってこと、ですね?」と言ったり、神谷さんの「いや、それよりも『おっきゅー!』じゃない?」など一日目でしか言えないことも。

 

話題を振られた代永くんが「ぼくはー、浪川さんと吉野さんと、女装ユニットとか?」と返答。それを聞いた神谷さんが「女装しなくても、お前は女の子じゃん。」と代永くん弄りをしたんだけれども、「女の子だよ♡」と首肯されていて笑った。

「さすが美少女!」と更に追い打ちかけたのに、「美少女だよー♡」と首肯されていてめっちゃ笑ったわ。

「もう、女の子じゃなぁい!」じゃないんだね(笑)去年の「美少女なの!」発言にめっちゃ笑ったけど、今回もこの件ですごく笑ってしまったわ。

 

《二日目のみの内容》

B型の人間でユニット組んだらどう?」という話になって、それってUncle Bombにのぶくんと江口くんを足すってことじゃん!カオス!と、トークが盛り上がりました。

 

A型のメンバーで組むとしたら?」となると、牛久出身の2人が挙手。「牛久の美魔女コンビ」と命名されていました。この二人の安定している感は半端ない。そして、神谷さん……美魔女は否定しないんだね(笑)

 

江口くん弄りで、『江口拓也って、こっち(※眼鏡)が本体でしょ?』ネタもありました。弄られている最中に、江口君の眼鏡を奪ったのぶくん。眼鏡自体はそんなに似合わなかったけど、眼鏡をしている時に数秒間モニターに映ったドSな表情はとても良かったです。下賤の者を見るような、冷たい表情でキメ顔していました。(流石だね、サービス精神高いね!)ってなった。

神谷さんに「のぶくん!本性が出ちゃってる!」と言われて、ハッと我に返った顔で眼鏡を外して顔をフルフルと横に軽く振るの、子犬感あった。

「みんなの前で本当の事を言うのはやめてくださいー!」と慌てた感じで神谷さんに抗議していて、とてもほのぼのした。押しと押しの交流はプライスレス。

のぶくんの腹黒ネタをもっと弄ってほしい。

 

KAmiYUの悪戯が暴露されていました。

浪川さんのケータイの写真フォルダをいっぱいになるまで大量に写真撮るという悪戯話から始まりました。この話の時に神谷さんと自由くんが同じ表情(スンッ…って感じの無感情な顔)をしていて、「こいつら、間違いなくユニットだ!」と他のキラミューンメンバーから言われているのが愉快でした。

また、自由くんがBluetoothのイヤホンの性能について神谷さんに教える時に、江口くんに電話をかけた話などがされました。電話を受けた江口くんがよくわかっていないままの状態で「あ、江口くんだ。きもちわる。切ろー。」と神谷さんが唐突に通話をぶち切るということをしたらしい。

 

「キラフェス一日目が終わった後は何してた?」というトークへ。

のぶくんのブログで既に知っていたのだけれど、のぶくんとTrignalの3人とかっきーさんは一緒にお肉食べていたという事を話してくれました。

 

自由くんが「一日目の後、のぶくんから写真が届いて!何かと思ったら、みんなの変顔なんですよ!?神谷さんと一緒に見ました!」と話してくれました。

お肉食べていた5人は、何故か変顔勝負をしていたそうです(笑)

それを自由くんに送るという発想に至ったのぶくんが可愛い。一番変顔だったのは江口くんだったとのこと。のぶくん曰く、「かっきーさんは変顔してもかっこいい!」とのことでした。

代永くんの変顔もなかなかに酷かったみたいで、それをやって欲しいと会場のお客さん達が声をあげるも「事務所NGが出ちゃう!」「お願いだから、僕を美少女でいさせて!」と断るのが上手過ぎて!!代永くん流石だわ。この断り方には涙が出るくらいめっちゃ笑ったわ。

 

「KAmiYUは昨日の晩、何してたの?」と尋ねられると、一緒にマッサージ店に行っていたとのこと。仲良しか!

神谷さんが「若い奴らは肉食いに行くみたいだけど、俺は無理だわ。自由は何すんのー?」と自由くんに聞いたら、「俺はマッサージに行きます。」という事だったので「いいなぁ、俺も連れてってよ。」という流れで一緒に行ったそうです。自由くんのマネージャーさんが予約をとって送ってくれて、「神谷さん、マッサージ中に絶対に寝ないでくださいね。夜にちゃんと寝れなくなったら困りますからね!」と念押しされたのに、マッサージ中に眠ってしまったとのことで(笑)

「俺は、1時間半くらいで終わったんだけど。神谷さんの事を待っていたら、きったない声のおじさんが来るんだもん!『あ。自由……待った?』って!完全に寝ちゃった声じゃん!」と強烈に責めていてウケた。汚い声のおじさんって(笑)

それに対して、ちょっとバツが悪そうな顔で「なんで自由は寝ないの?」と不思議そうに尋ねている神谷さんが可愛かった。疲れている時にマッサージに行くと寝ちゃうのは自然な事だから神谷さんは悪くない……。それに、眠ってしまうくらいに上手なマッサージの人にあたって良かったやないの。

「マッサージ中に、ずっと話してましたもん。」と当たり前のように答える自由くんに対して、「そんなに話すことある?!」と吃驚している神谷さんがかわいかった。

 

この後に新メンバーのSparQlewが登場するとネタバレされ、メンバーから、キンブレの色をミントグリーンに変えて欲しいとお願いされます。一面がミントグリーンになったところで「あいつらの事、泣かせてやろうぜ!」と神谷さんが笑って言っていて。なんとも言えぬ、兄貴っぽさがあって微笑ましくなった。最年少の18歳とか、神谷さんの子供でもおかしくない年齢だもんなぁ……と感慨深い気持ちにもなった。

 

MCパート①が終わると、メインステージにSparQlewの登場。

各々名乗りと挨拶をして、「ハジマリノソラ」を歌います。一日目の発表会感は凄かった。客であるこちらも緊張した。一日目は緊張からなのか、5人で曲名言う時に若干揃ってなかったし。他で音楽経験がある子もいるのだから、もっとナチュラルにセトリに組み込んでもよかったのでは?逆にあれは緊張しちゃう……。一日目はとにかく(頑張れ!)って思いながら見守った。

 

キラミューンメンバーはみんな好きだけど、当方は箱押しではないのでSparQlewが入ってくると決まった時は(押しの出演時間が確実に減るという事で理解すればいい?)って感じだった。否定的ではないけれど、(既に決まったことだし、しょうがない。のぶくんと後輩のホリエルの絡みが見れたらラッキーだな)ってくらい。ホリエルは前から認識していたけれども、他のメンバーは顔と声と特徴を覚えるのがちょっと時間かかった。「僕パ」は若い子がわちゃわちゃしていて、可愛いなぁって感じ。

 

花道を通り、センターステージで綺麗に揃ったダンスを披露。5人でのダンスは練習が大変だっただろうなあと思いながら見守りました。緊張しているのは伝わってきたけれど、特にミスもなくてしっかりパフォーマンス出来ていました。

「僕パ」でも聞いていたけれど、「ハジマリノソラ」は良曲でした。可愛い系で高めの声の子揃いで、歌声も綺麗だし。二日目は特に出来が良かった。

 

【MCパート②】

歌い終わったSparQlewに加えて、TrignalとのぶくんとかっきーさんでMC②が始まります。一日目は「俺らの時はこんなに出来なかった!こんなに踊れなかった!」と良平さんが褒めたり、のぶくんがセンター席前方の客に笑顔で(『かわいかったね!よかったよね!』的な言葉をかけている様子だった)話しかけていたりしていました。

ここのMCでの先輩達がほーんとに優しい。途中加入の大変さを知っているから、尚更優しいんだろうなと思ったり。

 

のぶくんが神妙な顔つきで「あの、これだけは言わせてほしいんですけどー……。」と言いだしたので、何だ何だと聞き耳立てると「みんなね、ちゃんと瞬き出来てる!すごい!」とニッコリ笑顔で拍手をしていて!可愛さで吹き飛びそうになった。

もー!!瞬き出来てない人はのぶくんだけだって!!(笑)

 

「僕やウイングと違って、ほんとうに可愛い!作りあげられた可愛さじゃない!負けそう!」とデジャブ感のある台詞が飛び出していて、笑った。

この時に、代永くんと誰かが一緒に「可愛いは作れる!」と言っていたんだけど、誰だったかな?良平さん?

この話の時に「のぶも可愛いよ。」と、のぶくんの右隣にいたかっきーがのぶくんに近づいて、肩を抱き寄せるという場面がありました。その体制のかっきーが「『おかき』、ちゃんと前向きに考えような?」と囁いていたのが、個人的に爆死案件でした。あれはヤバかった。抱き寄せられたのぶくんも嬉しそうな顔して見上げていて、(今まで、おかきコンビに対して特別萌えるって事はなかったのに……)と胸がザワザワした。

 

二日目は、保住くんが泣いてしまって。あの涙で保住くんに落ちた人いそう。

「うちの代永と似た感じだな」「気持ち分かるー!以前の自分を見ているみたい!」とTrignalがフォローしてくれていました。兄貴達優しい。

 

 

感想レポ3につづく

キラフェス2018 感想レポ1

キラフェス2018 

in横浜アリーナ 2018年3月10日・11日 開催

 

今年も行って来ました。

新メンバーが加入された影響があるのか、例年よりもツイッタ―でチケット難民を見かけました。無事に両日とも参加出来て良かった。

物販は2日目に参加したのですが、10時半頃から物販列に15分間程度並んだら買えました。売り切れのグッズはいくつかあったけれど、人気商品目当てじゃないならこの時間帯で十分。レジの数も多かったので、すぐに会計できました。

CDの列はレジが少なくてだいぶ大変なことになっていたみたいだけど。

 

【今回の座席】

☆一日目の座席はアリーナAブロックの前方。ほぼセンター席と目線が変わらない。花道にはほどほどに近い。バックステージが見えにくかった。

☆二日目は北スタンド席の最前から2列目。ステージからは遠いものの、全体の演出はよく見える。

 

開演直前になると、恒例の注意事項が流れました。今回は新メンバーであるSparQlewの5人も加わったものであった為、順番が違いました。そのため、注意事項の締めは神谷さんの落ち着いたボイスでした。

 

今年のトップバッターは自由くんでした。

白煙とともに、メインステージに作られた高い位置から登場。ギラギラ光る銀色の衣装で、ロング丈でした。顔には色の濃いサングラス。

「ENTER THE NEW WORLD」を歌いながら、下まで降りてきます。

センターステージに続く花道を歩く直前に、サングラスを下手に投げ捨てる動きがカッコ良かった。

センターステージに到着すると「HIGH FIVE」を熱唱。歌い終わると、お水をごくごく飲み、名乗りと次に歌う曲の紹介をしてくれました。

暫くお休みをもらって、海外に行っていた事。その時の経験をもって新曲を作ったということ。自由くんが尊敬してやまない人に作曲を頼んだということ。

その話をしてから、メインステージにて、新曲披露という流れでした。

広めのツバの黒色のハットを被り、「FREEDOM」を歌いました。

 

2番手は吉野さん。

バックステージに登場です。

キラフェス2017で神谷さんが着ていた白の衣裳を彷彿とさせるような出で立ちでした。

「innocence」を歌っている時、ステージで軽やかにぴょんぴょん跳ねていた姿が印象的でした。

ロッコに乗り込んで「空耳クリスタル」を披露。その流れで、センターステージを経て、メインステージに移動。3曲目の「ENCNUNTER」はメインステージでの披露でした。

 

3番手はTrignal。

初日は、よっちん先輩が終わる直前に目の前をトロッコが通り過ぎて行ったので(「え、今トロッコに乗っていたのは誰?よく見えなかった…!」)と心がザワザワしていたのですが、すぐに江口くんだと判明。初日の席ではトロッコ演出で得をしました。

衣装はオーダーメイド感溢れる個性的なものでした。Trignalの文字とカラーを意識して作ってありました。

1曲目は「原点回帰 Ready Set Go! 」

CD聞いた時から(これはキラフェスで絶対歌うだろうなー!絶対歌って欲しいなー!)と思っていたので、予想通りで一安心。元気になる曲で、好き。この曲はキラフェス直前に聴いていた曲の中ではナンバーワンの再生率でした。

ロッコでは、アリーナ席とセンター席の間の道をまわってくれました。江口くんが、上手側(アリーナA方面)出発。代永くんが下手側(アリーナD方面の後方)出発。良平さんが下手側(アリーナD方面の前方)出発でした。良平さんがいつもやるアレ(トロッコから身を乗り出すように頭をぴょこんと出して、すぐ近くの客を見る仕草)を今回はガッツリ目撃した。あれはドキドキするね……。

初日はちょうど私がいる座席に良平さんが近くなったところで、ファンサしていた良平さんがワンフレーズ歌い損ねるということがありました。良平さんは一瞬かなり焦った顔していて、それを見ていたこちらも結構慌てちゃった!でも、その直後の良平さんの『やっちまったー……』って感じの、恥ずかしそうな表情にはキュンとしてしまったわ。

代永くんは相変わらずパーフェクトなファンサをしていました。高速でハート作って、高速で手を四方八方に振っていて、見ていると謎の感動があるわ。あと、代永君のヘアセットが可愛かった。Trignalカラーの細いリボンで編み込みしてあったの。

 

2曲目に「ローリンローリン」が来たのも嬉しかったー♡

(歌うか微妙かなー)と思って、あまり期待しないでいたのだけれども!

振りつけも、とっても可愛くて!あれはキュンキュンした……。元々好きな曲だけど、可愛い振り付けでもっと好きになった。それに、難しくない振り付けだから覚えやすい。

3人揃って、センターステージでの披露でした。

 

4番手の柿原さんはメインステージから登場。

ダンサー達を引き連れて「DIAMOND BEAT」を披露。ラフな印象のカーキ色の上着を、赤色の大きなラインストーンでギラギラにデコッた衣装でした。

この曲も絶対歌う曲だと思っていたから、イントロが聴こえてきた時にテンション上がった。2日目は、メインステージの正面側の席だった事もあり、緑色のライト演出がとっても綺麗に見えた。ダンサーが数名出てきて盛り上げてくれたのだけれど、かっきーさんが彼らを引き連れて花道を颯爽と歩く姿は相変わらずとても恰好良かった。名乗った後は、2曲目の「MOVING」をメインステージで披露しました。

 

5番手は神谷さん。

イントロが聴こえた瞬間に、己の耳を疑ったよね。(完全にイズムリズムのイントロなんだけど、そんな訳ある??いや、どう聴いてもイズムリズムだね???)と歓喜に打ち震えながら、混乱したよね。私だけじゃない、会場も結構ザワついていた。

「イズムリズム」のイントロとともに、メインステージの上から登場。モニターには赤い薔薇が咲き誇って散っていくイメージ映像が流れました。

 

ピカピカと輝く金色の細身パンツ、黒地に金色のラインが入ったジャケット、金色のシャツという出で立ちでした。

 

また金ピカ????

ねえ、また金ぴか??????

スタイリストさんとお話がしたい。とても。

そうね、金色ね、派手でいいんだけどね……。

ステージのモニターに神谷さんが映されるんですけど、頻繁に股間が抜かれていて、どよめくしかなかった。あんなに股間を映さなくてもいいですよ…私は心に童貞を飼っているので、あそこまで何度も抜かれると若干恥ずかしくて目のやり場に困るというか、居た堪れないというか、申し訳ない気持ちになってしまった。股間カメラが仕事し過ぎ……。

 

メインステージのモニターには赤いシルエットの女の人が映り、艶めかしく踊っていました。神谷さんの腰使いも健在でした。スタンドマイクに対する動きがエロい。これ、2017年にめちゃくちゃ見た。(キラフェス2017、ファンミ京都、キラフェス円盤にて。)

 

次の曲は「神様コネクション」。センターステージでの披露でした。

ダンス曲になっていたのが意外。発売当時からこの曲自体が個人的に刺さらなかったので、キラフェスで歌うんだろうなーくらいの気持ちでした。好きな曲でないので、あまり記憶が無い。

 

お次は浪川さんのターン。

赤い衣装に身を包み、センターステージにて「TRISING」を披露。花道を通って、メインステージに移動し「世々ノ道」 を歌います。炎を使った演出があって、浪川さんが手を広げるとそれを合図に一斉に着火するという流れがありました。2日目の方が一気に火がついていて、初日は全ての火が着火するのがゆっくりめだった。モニターには炎と汗を流しながら歌う浪川さんが映っていて、それはそれでカッコ良かったのだけれども。(あの位置、炎と近すぎやしないか?あの近さで、常に炎が燃えている状況で、あの炎の量だと相当熱いだろうよ……浪川さん、大丈夫か……?)と、浪川さんの身体を心配する方が勝ってしまった。

 

最後に登場したメンバーは、のぶくんでした。

メルハロのイントロが流れ、(ぎゃー!のぶくん、メルハロやるんだね?!)とワタワタしながら姿を探すと、バックステージにメルハロに合せて動く白い物体を発見。

モニターを確認すると、大きな白い布を被った人物が映し出されていました。

 

何これかわいい。

 

身体揺らして足バタバタさせる動きが可愛すぎるのと、通常のメルハロよりも、2割~3割増でロリ可愛い声で歌っていました。可愛い狙いの確信犯。おばけコスプレで登場って、可愛いにもほどがある。

白い布には、黒色でシンプルなお顔が描かれていました。

「チームネーム ナイトメアー♪」と歌い出す直前、バサーッと白い布を脱ぐおばけちゃん。布の下からドヤ顔ののぶくんが登場。

ちょっと待って??かわいいにもほどがある。

そして、お衣裳も可愛い。皇子様っぽいデザインの、白色のロングコートを着ていていました。首元にはキラキラと揺らめく金色のネックレス。この時、のぶくんの着ている中の服を注視して、私は勝利を確信しました。

だって、「踊れアラビアンナイト」大好きなんだもの。

この服に決めてくれたスタイリストさん、どうもありがとうございます。とっても良いお衣裳でした。

 

Melty Halloween」はバックステージで踊って歌っていたので、キラフェス2日目はバックステージ横の階段でこっそり待機するおばけちゃんの姿が見えて、ニヤニヤしました。

 

途中から、布おばけちゃん達が4名くらいステージに上がってきて盛り上げていました。おばけちゃん達、全員デカい!そして、間奏の時には、人魂をイメージしたであろうものをゆらしていました。おばけちゃんが振る棒の先は、ふわふわと揺らめいていて、ホラーっぽい雰囲気が出ていました。間奏中はステージの照明も薄暗くなっていて、ちゃんとホラーかわいい感じに仕上がっていました。

 

PVと同じダンスで踊ってくれるのだけれど、本当に可愛かった。去年ののぶくんのアニバでも見ているけど、相変わらずかわいい。残念ながら、アニバを超えることは出来ないけれど。アニバでの演出はこれ以上ないくらい、大正解だったからさ!

 

2曲目は「きっと きっと」でした。かわいいアイドル曲来たー♡

のぶくんはトロッコに乗り込んで、下手側の道を通りながらセンターステージに移動。最後にはメインステージに到着していました。全力でコーレス入れるの楽しかったー!忙しなく客にファンサしながら歌うのぶくんが尊かった。

ロッコで移動しながら「ヘイヘイタイムいくよー!」って言って、客を煽っていて可愛かった。

 

白のロングコートを脱ぎ捨て、メインステージにて「躍れアラビアンナイト」がスタート。

のぶくんが最前で、直線一列に並んだダンサーさん達と息のあったダンスが始まります。いやー、見事な千手観音でした。モニターにはアラビアンな景色のアニメーション映像が流れていました。アニバ、思い出さずにはいられなかったわ……。

最後にはキラミューンメンバーが全員登場して、皆で踊ってくれました。あれは嬉しかったし吃驚したなあ。(神谷さんが……「踊れアラビアンナイト」を踊ってるだと……?!)とワナワナしながら喜びましたわ。

コーレスもすっごく楽しかった。全力で「うーは!」しました。

客席からの声も結構声量でていて、揃っていました。

 

→この後にMCの流れとなります。

感想レポ2につづく