読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。イベント以外の事はほぼ書かないです。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

神谷浩史ソロライ(ハレライ)レポ8

※仕事でグロッキーになっててこんなに更新が遅れてしまいました。まあ、この記録書いている奴は自己満クズ野郎なのでね!気にしねーですよ!

 

~アンコール前MCより~

「皆さんが僕に会いに来るときに、そして、願わくは、皆さんが僕に会いに来てくれる時にこう思って頂けているといいなという気持ちを歌にしてもらいました。大切な曲です。」という紹介から、19曲目は「贅沢な時間」を歌ってくださいました。

一日目も二日目も同じように言ってくれたのですが、二日目の方が「大切な曲です」って強調してMCしてくださったと感じました。勘違いだったら恥ずかしいですけど、神谷さんが「大切な曲」って言うのは初めて聞いたのだよね。

曲の紹介で「好きな曲」とか「~をイメージした曲」「苦労した曲」「印象に残っている曲」ってインタビューとかで答えている事あるけど、「大切な曲」って言われているのは、思いつかなくて。

そっかあ……。神谷さんにとって、この曲は「大切な曲」なのかと思ったら、涙がボロボロと溢れ出てきてしまって。ハレライタオルが最も活躍した時間ですね。両日ともに涙腺崩壊してしまいました。願わくは…なんて謙虚に言わなくても、ファンはこの気持ちだよ、浩史のバカヤロー……。ライブ前にこれは絶対歌う曲だろうなって曲あるじゃないですか。ハレライではこの贅沢な時間がそれにあたる訳ですけど、たぶん終盤で歌うだろうなと予想もするわけじゃないですか。神谷さんが雑誌のインタビューで言っていた言葉を言うだろうなとも思うわけじゃないですか。作詞をしてくださった只野菜摘さんが、神谷さんより「君に会いにいく」というテーマで「けして器用ではない男性のラブソング」「ライブで会えることが嬉しいという想い」という意味を込めて作詞していただきたいとご依頼があって作った歌ですと仰っていた記事を事前に拝読したりしてるわけですよ……変な言い方ですけれど、事前にこの曲を受け入れる準備は整っていたわけなのですよ。テストで言ったら、「100%出る問題」な訳ですよ。それなのに、こんなに感激してしまうのは何故なのでしょう。……「それは好きだから~♪」なんですよね。「幸せにできることに幸せを感じる」って歌詞、正しく神谷浩史だなって……。

神谷さんの優しい歌声を聴いていたらすごく幸せな気持ちになりました。涙で視界不良でしたが、笑顔で歌っている姿は見られましたよ。

 

歌い終わった神谷さんが捌けて、アンコールのお時間です。

アンコール中に感想を言いたい欲求も分かるし、ずっと立ちっぱなしで疲れた人の気持ちも分かる。ただ、私は変に熱い女なのでアンコールの時間は基本的に声だしに力注いでしまいます。二日目とか周りの人が引こうが関係ないね!座っていられないね!と無駄に熱かった。最初は周りの声に合わせて「浩史!」コールだったのだけど、普通のアンコールが聞こえてきてからはアンコールに変えちゃいました。神谷さんには聞こえてないと思うのよ。でも、本人に聞こえる場所で浩史って呼び捨てしにくいんだよね。私なんか、20代前半の小娘なのに、敬愛する40歳の男性を呼び捨てに出来ない。本人がいない場所では、勝手な呼び方するけどね!愛を込めておじさん呼びするけどね!!

二日目のアンコールが後半になって綺麗に揃ったのには素直に感動しました。こんな大きな会場であそこまで綺麗にアンコールが揃うって、あまり無いんじゃないのかしら。

(レポ9につづく)