読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。イベント以外の事はほぼ書かないです。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

DGSEXPO 感想レポ2

DGSEXPO 感想レポ2

※メンズメイドでキャストがステージから捌けた後、です。

 

DGS秘蔵映像①】

声優アワードっぽい背景に、白い正装をしたお二人のミニキャラが手をパタパタさせて動いていました。DGSイベントでは恒例の過去映像に神谷さんと小野くんがミニキャラでコメントしていく時間です。

まさかのラジオ番組がコミカライズ!DGS響の紹介があった時は、懐かしいなあと思いながら微笑ましく見ていました。読んでいたなあ。

そこから、架空のDGS響のミュージカルが始まったので、初日でこの映像を見た時は「なんだこれ」状態でしげしげ見ていました。なんと、20万人動員したそうです。MOBの時に披露したMOBアニメと同じで、DGSの記憶捏造芸ですね。回数を重ねる毎にじわじわ笑えてくる代物でした。初回は私以外の客もクエスチョンマークを脳天につけていたと思うわ。ミニキャラの神谷さんがこの2.5次元化の時に「口に違和感が……」という時の顔が可愛かったです。

 

DGS響 パート】

お二人がDGS響の恰好で再登場。博覧会で見たとはいえ、懐かしい!連載が終わって、もう二人が着る事はないと思っていたので超嬉しかったです!絶対、響の曲歌うじゃんこれ!!当時とは髪形も雰囲気も体型も変わった二人が響の衣装を着ているのは感慨深かったです。二人とも良い年の取り方をしたなあと思いました。

 

響の仕事が全然無くてつまらないと愚痴を零すオノDに「悩んでいる乙女がいないってことなんだからいい事だろ」とクールなヒロCがなんとも懐かしい。「どうせなら、悪の結社と戦うような大きな事件を扱いたいなー」とのんきそうなオノDも懐かしい。

そんな最中、画面にテライケ面司令官のアイマスクが映り、遊佐さんの声が響きます。あの会場のどよめきはちょっと凄かった。初日は遊佐さんが登場するのかとどきどきしちゃいましたが登場しませんでしたね。ゲストに客がすごく喜んじゃうとまた神谷さんが嫉妬しちゃうから……と要らん心配をしてしまいました。

 

今回の依頼は「大事な飼い猫がいなくなったので探して欲しい」という依頼です。その猫は人見知りだけど、この言葉をかければ寄ってくるというリストがあるとのことでした。それをオノDが読み上げます。「凱旋門からエッフェル棟!」「ちゃんとしてる俺とちゃんとしてない神谷さんとだったらちゃんとしてない神谷さんの方がちゃんとしてる!」など、先ほどのディアボイスで上位にランクインしていたものを言って下さいました。脈絡とか関係なく、人気のディアボイスを台本にねじ込んだ様でした。あのディアボイスを両日とも噛まなかった小野くんに大きな拍手を送ります。

 

お次は、気が弱い猫という事なので、罵声を浴びせるといいらしいということで神谷さんのターンです。「おい!いい加減おきろ!てめーの枕元にダイナマイト仕掛けるぞ!」「働きたくないだァ?お前、俺のATMの癖に何言ってんだ!働け雌豚ァ!」

雌豚、生きていて良かった。ご褒美ありがとうございます。

ヒロCの「うにゃんこ こにゃんこ かみにゃんこ うにゃーん♡」の破壊力は半端なかったです。可愛い声で猫ポーズしながらの満面の笑みは、もうやばい。もともと無い語彙力さらに破壊される。

 

猫の鳴き真似すれば寄ってくるかも!という事で猫の鳴き真似をしだすお二人。何かを発見した神谷さんが「お、おにょくん!小野くん!」と両日ともに言っていたのが可愛かった。オノDじゃないのね。小野くんなのね。

ステージからだいぶ離れた、バックステージににゃーさんの着ぐるみがいるのを発見。二人で捕まえようということでトロッコに乗りこみました。

私がいた下手側トロッコにはオノDが乗りこんでくれました。小野くんをこんなに近くで見たのは初めてでした。ち、近かった。曲はもちろん「ねこまっしぐら」です。懐かしいー!

無事ににゃーさんを確保して悩める乙女の依頼を無事解決!この流れで二人は捌けていきました。

 

【MOB パート】

「伝説のエアバンドがあった……」的なシリアスな始まり方でMOBの映像が流れ、CHANKOが体重130キロ切らないとMOB再開しませんというONO-Dさんの言葉が良い感じに編集されてなんだかドラマチックに編集されていました。

 

体重計を持って登場するCHANKOが体重を測ると131キロ……。Oh……。

「でぃーじーえくささいず☆をやれば1キロくらい痩せるかも!」という流れで、爽やかな白いタンクトップ姿のダンサー数名と会場の客と一緒にエクササイズしました。多分EXPOでやるんじゃないかなーとは思っていたけど、やっぱりやるのかーと苦笑しちゃいました。かなり狭いのでそんなに身体は動かせなかったですけど、やってみると割と楽しかったです。その結果無事に1キロ痩せたので、MOB復活です!!

 

レニーハートさんの声で、MOBメンバーの紹介がかかったのには笑ったなー。今回も引き受けてもらえたんだね!「ちょっと痩せたけどォ!やっぱりデブゥ!CHANKO!」と「お金がァ……だいすきィ……HIRO-C!!」が個人的にツボでした。

YAGI-84の初日の上着が可愛かったです。茶色でもふもふした耳つきフードを被っていてオオカミさんみたいでした。

 

登場後「Masochistic Over Beat」の披露でした。この曲はテンションあがるわー。その後恒例のロックな自己紹介がありました。ここでHIRO-Cにまだ在庫がエクステンドに沢山あることをバラされたんだっけ。この事実に対しての客のどよめきとブーングが凄かった。HIRO-Cの「コンビニで弁当を温めますかと聞かれて断った。俺の心を温められるのはロックだけだ。」が後からじわじわ面白い。これ、いつ考えたのかな神谷さん。

 

YAGI-84が急に「夜のエキスポ相手を探したいっす」と言い出したので、夜のエキスポ相手を求めてMOBメンバーがトロッコに乗りこむという脱退騒動を彷彿とさせる流れでした。『エキスポを大成功させたいので夜のエキスポでも大性交したい』ってネタを考えた人は誰ですか?諏訪さんでよろしいですか?HIRO-Cさんが「CHANKOとか3Mは普通にヤっても大性交じゃ」って言っている時の下ネタおじさんな表情、ガン見しました。

 

「Dangerous Groove Six」はEXPO ver,の歌詞でした!ボーカル二人は探しに行かずにステージで歌っていたので、ちょっと口惜しかった。ボーカルも探しにきてもいいのよ。下手側トロッコはDO-SとCHANKOでした。DO-Sの「復活ライブなんて ベタな企画で喜ぶんじゃねえ お前ら全員お仕置きだー!」が近くで聴けてテンション上がりました。ベタな企画で喜んじゃってごめんなさーい!でも嬉しい!

 

2曲目にして既に喉が渇いたので、MOB恒例のドリンクタイム。見事今回はルートビアを引いてしまったHIRO-C。飲んだ後に「リーダーも飲んで」飲んだ缶をリーダーにも与えようとするのが可愛かった。リーダーも嫌がりながらも飲んじゃうんだから超優しいよね。リーダーがルートビア引いた時、俺は絶対に飲まないぞという頑なな態度を貫くHIRO-Cだったのに、リーダーはHIRO-Cが口付けたルービーをちゃんと飲むんだぁ……へえー…………。へえー……。リーダー、優しいね……。どちらがいいとか悪いとかじゃなく、同じ状況に立たされた時の対応を見ていると、この二人はかなり違うタイプの人間だなあと改めて思います。

 

二日目はCHANKOが食べようとしていた牛くし(ブラウン亭:フードコートのコーナーにあったメニュー)を取り上げて、もぐもぐ食べだしちゃうHIRO-Cが可愛かった。「リーダーも食べる?」って言いながら牛肉の串焼きの食べかけをアーンしてた。リーダーも素直に食べちゃうのが仲良し感溢れていた。彼らはロックだから、間接キスとか考えないんだよね、きっと。私は思考回路が童貞乙女なのですぐにこれは間接キスなのでは!?とそわそわしだしちゃうんですけど、冷静になってみたら男同士はこれくらい普通だよな……。

ブラウン亭はどこも異常な混み方をしていたから、私は並ばなかったんだよね。体調が万全だったら多分並んでいた。出店に1時間ないし2時間並んで食べる気力があの時の私には無かった……。広場を埋めるあの長蛇の列は激烈にカオスだった。どれも茶色で美味しそうだったなあ。あ、フォロワーさんからサディ☆ステック(揚げドーナッツ)一本もらったの!甘くて美味しかったです。

 

今回も「Ace of Asia」聴けてよかった。やっぱりこの曲は人気曲だよね。下手側にHIRO-Cがぴょんぴょん飛び跳ねてきて、神谷さんの身軽さ凄いなあと改めて思った。あの方、41歳だよ?あんなに歌って元気にステージ行ったり来たりしてぴょんぴょんしてる41歳本気でやばい。肉眼ではっきりとHIRO-Cを見られたのが嬉しかったです。ロックテイストの赤い上着を着ていたのですが、両ポケットと両肘に5センチくらいの紐飾りがついていて、ぴょんぴょん動く度に羽激しく揺れていて、それが気になっていました。我ながら動物かよと思うのですが、揺れているものを見るとそれに目がいってしまう。

 

MOBの時と同じく、メンバー全員で手を繋いでお辞儀する様はもうライブ終わりです感が凄かったです。ステージ下に捌けていく際にも「MOBでしたー!お前ら早く帰れよ!さっさと帰れよ!!」とHIRO-Cは両日とも叫ぶし、謎のこれで終わり感がありました。

 

DGS秘蔵映像②】

また、響のミュージカルが200万人動員したとかいう映像が流れて、初日もここでようやく「記憶の改竄芸か」と笑えるようになりました。一発目での会場の客の静かな混乱はちょっとした事故レベルでしたよ。オノD役の「脱ぐのは好きだが、脱がされるのはごめんだ!」が私の笑いのツボに入って死にそうでした。綺麗な腹筋チラ見せ笑う。

凱旋門からエッフェル塔を置鮎さんと代永君のキャラがやっているのがカオスでもう酷かった。あの映像は回を重ねる毎に笑いで腹筋が死んでいく。オノDとヒロCの乳首をぐりぐりするのがえっちでした。

 

 

DGSEXPO感想3につづく

4000

広告を非表示にする