読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいと言い出したら沼

某男性声優をかわいいと言い出して数年経過中。イベント以外の事はほぼ書かないです。ディアなガールですが、もう女の子じゃなあい。

入野自由 フリーライブ簡易レポ

入野自由フリーライブ DARE TO DREAM   in池袋サンシャイン 12月8日

 

昨日は夜勤終わりに4時間程度の仮眠を取っていました。16時頃に寝ぼけ眼でツイッターを開いたら、17時30分から池袋のサンシャインシティの噴水広場にて自由くんのセカンドアルバムの発売記念イベントのフリーライブを行われるとのツイートを発見。どうやら、立ち見の閲覧スペースがあるとのこと。仕事が終わった解放感と単純に興味があったので、急遽行ってきました。

 

まあまあ素早く準備して移動してきたにも関わらず、噴水広場に到着したのはライブが始まる8分前でした。ぎりぎりだったー…。2階3階の方はもう人で詰まっていたので大人しく1階にて閲覧しました。流石に4階まで行く元気はなかった。

平日の夕方だというのに結構な人数が集まっていました。閲覧スペースの後ろの方という事もあってか、ライブ前は周囲の人との距離も軽くゆとりある感じでした。この人数ではご本人の姿は見られない可能性もあると思っていたのですが、私の前の方は背の低い女性が多く、自由くんの顔辺りまでは見えました。前の人が背伸びしなければ見えるって感じでした。

まずは開演の前の注意事項をイベントに手慣れた感のある男性が説明してくれました。ペンラ禁止とか、当選で当たった人は赤いテープを無くさないでとか、そういった注意事項でした。

 

【MC①】

開始時間になり、自由くんの登場。「こんなにたくさんの人に集まっていただいてびっくりしています!平日のこんな夕方の時間によく来られたね…!来てくださってありがとうございます!」と周りの客の数を見て吃驚している様子でした。

 

「奥の方の方もありがとうね!」と嬉しそうな声をされていました。「君たち(恐らく前の観覧席の方?)じゃないよ。そこを通行している人に向けて言ったんだよ。」とも冗談めかして言っていました。この辺りのトーク時は全然本人の姿見えませんでした。

 

まずは「僕の事を知らない人もいるかもしれないので…」と、簡単に自己紹介してくれました。「『入るの自由』と書いて、入野自由です!」とハキハキ名乗っていました。

 

自分の歌活動の事について軽く触れ、そこから楽曲を提供してくださった方の話を主にしてくださいました。

以前、クレバのライブにゲスト出演した時に「ラップかっこいい!」と思ってから、ヒップホップに興味を持っていて、今回の「トップランナー」という曲ではそれに挑戦する事が出来たと話してくださいました。

また、「フレンズ」を作曲してくださった方が「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」の主題歌を手掛けた、Galileo Galilei尾崎雄貴さんという方だという事を紹介してくれました。熱く語っている姿が印象的でした。

 

1曲目:「フレンズ」

客が手拍子を軽くする中、歌ってくださいました。途中から歌に聞き惚れて地蔵になっている人も半数以上はいました。いつも思うけれど、彼の歌声の安定感はんぱない。

 

【MC②】

曲が終わると、水分補給してトークをまた始めるスタイルでした。ちょくちょく通行人を気にして、「聴いてくれて、構わないんですよ?」と声かけていました。

 

「HIGH FIVE」という曲に対しては、「カラスは真っ白、っていう有名なバンドがいてね。もし知らなかったら、聴いてみてもらうといいんですけど。」という語りから始まり、その中のメンバーであるギターのシミズコウヘイが楽曲提供して下さった事を話してくれました。「すっげーかっこいいんで、みんなも興味が湧いて聞いてくれたら嬉しいなあと思います。」とやや砕けた口調でリスペクトを強く出して語ってくれました。

 

「流星のキミへ」を作詞作曲してくださった方がTAKESHIさんが云々の話からTOKIOの話になったんだっけ。TOKIOの話をしていたのは確実なのですが記憶が曖昧ですな。

 

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDについては、「おそ松さんのエンディングの人です。ちなみに、僕はトド松役で出ていますよ。」とこちら側が持っているであろう情報から導入することで分かりやすく説明してくれました。

 

「嘘と未来と」は佐伯youthKが作詞作曲されているんですが、「この方は、西野カナとかの楽曲も手掛けているんですよ。」と具体的な歌手名あげて紹介してくださいました。

 

今回のフリーライブのトークで思ったのは、自由くんが自分の事を知らない相手がここに幾分か混じっている為か、自分の音楽活動の流れや曲の成り立ちに対して割合丁寧に説明をしてくださっているなあということです。あと、作詞作曲して下さった方に対する厚い感謝と迸るリスペクトが前面に出ていました。

 

2曲目:「嘘と未来と」

 

【MC③】

ここで、また通行人に絡んでいましたね。「そこで『あれ誰だろ?』ってこっちを見ている女子高生!(通行されている女子高生がしたであろう眼鏡を直す仕草をする)入野自由です!入野自由です!」とアピールしていていました。通行人の女の子いいなあー笑

 

「おこずかいが厳しかったり、今月お金を出すのは難しいなーってことあると思います。ここで曲を聴いて『ああ、いいかも』って思って、興味もってくれたら、こんなに嬉しいことはないです。また聴こうかなーっと思ってくださったら本当に嬉しいです。」という事を話してくださいました。

「ここに来ている方の中に既にCDを買ってくださっている方がいるというのは存じ上げております。」という言葉も添えられていて、自由くんってこんな大人なコメントする人だったっけ?と失礼なことを思いつつきいていました。

横でCDの販売もしているという情報を押し付けがましくならないように宣伝できる話し方がいいなあと思った。

 

もう一つ宣伝していましたね。「今日の夜(※12月8日)25時30分からテレビ朝日の『BREAK OUT』 という番組に出演します!曲の事や僕自身のパーソナルな事など色々語っているのでもしよかったら見て下さい。『入野さんにとって、歌ってなんですか?』っとか…ちょっと難しい質問投げかけられました!」とおどけたように仰っていて、会場にいたファンからは一笑いが起きました。

 

「次が最後の曲になります。そんなに(合いの手が)難しくないので、みんなも声出して楽しみましょう!リズムから遅れたっていいし、楽しければいいから!楽しみましょう!」と声かけてくださいました。あと、「上の階の人は落ちないようにだけ気をつけてね!」と気にかけていました。

 

3曲目:「流星の君に」

最後の方のサビでステージバックの噴水3本が一気に吹き出す演出もありました。

 

「今日来てくれた皆さん、お仕事とか学校とかあるだろうに来てくれてありがとうございます!僕が見えない、僕から見えてない方もありがとうございます。いつも応援してくださっている方も本当にありがとうございます。噴水もありがと!(飾りにあった)ツリーもトナカイもありがと!」と感謝の言葉を述べてくださいました。照れたのか、後半ちょっと人外に感謝して笑いを取っていました。

 

30分間の短いライブでしたが、後ろの閲覧スペースでも十分楽しめました。安定の歌唱力をもつ自由くんの透き通った歌声を聴けて良かったですし、自由くんの1人喋りが新鮮でした。あと、場所がああいうところだからだと思うのだけど、お客さんに押されることもなく普通に棒立ちできたのが楽でした。大きな声を出す人や、かまってちゃんもいない感じで平和で過ごしやすかった。手拍子があってアットホームな感じだけれど、途中から聴き惚れて地蔵になっている人が多かった印象もありました。